アメリカをRVでエンジョイ

rvamerica.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2017年クリスマス休暇のキャンプはサウスカロライナ州のハンティントンビーチ州立公園へ行きました。
昨年の年末休暇でも来た場所です。本来なら同州にある別の州立公園に行く予定でしたが、今年夏に米・東部に被害をもたらしたハリケーンの影響でそのキャンプ場が閉鎖になった為、2年連続で同じキャンプ場に行くことになりました。しかし今年は昨年と違ってとても寒かった。こんなに南に下がって来ても朝晩はかなり冷え込み、氷点下まで下がるほど。去年は半ズボンでも過ごせたのに・・・
この冬の寒波はかなり強力です。

12月22日(金)
午前9時に自宅を出発。
a0328535_09325516.jpg
今晩は400マイル走ったNC州のEmporiaにあるWalmartの駐車場で一泊。昨年泊まった駐車場と同じ場所です。ここのWalmartはRV愛好家の間でも、安全で静かで便利な中継地点として人気がある場所です。途中I-95への合流地点で渋滞にはまった以外は順調に走れました。午後6時に到着。去年も同じ時間に自宅を出発し、同じ時間に到着していました。
a0328535_09331143.jpg
トレーラの中で予め準備しておいた夕食を早めに食べて。早めに就寝。静かに眠れました。
a0328535_09332325.jpg
周囲には5-6台のキャンピングカーが停車していました。中には同じペンシルベニアから来たという人が居ました。
a0328535_09351771.jpg
12月23日(土)
午前9時に出発。この日はアメリカ中が移動する日でフリーウェイの混雑が予想されました。実際その通りになりました。目だった大渋滞は無かったものの、交通量はかなり多めで、急に流れが悪くなる事が何回もありました。去年よりやや時間がかかってキャンプ場には午後3時半近くに到着。ニュースを見るとこの日は米・北東部で凍結による交通への影響が発生していました。自宅もかなりの冷え込みと悪天候の中にあるようでした。しかし700マイル南に走ったキャンプ場はポカポカ陽気です。いつも思うことですが、アメリカの国土は本当に広いです。

キャンプサイトは89番。
a0328535_11002699.jpg
a0328535_11004179.jpg
a0328535_11005276.jpg
今回の宿泊サイトは去年のサイトとは違う場所です。日暮れまで数時間なので、トレーラを設置してクリスマスライトの設置を済ませたら外で遊ぶ時間が無くなってしまいました。私以外の家族は皆、ビーチに出て砂浜を自転車で走って楽しんでいたようですが・・・
a0328535_11010344.jpg
12月24日(日)
予報どおり朝からどんより曇り空。
a0328535_11064272.jpg
霧も出ています。時折雨も降っています。翌25日は好天予報だったので、天気が悪くても楽しめるWonderWorksに行くことにしました。子供たちのお目当てはレーザータグ。
a0328535_11065759.jpg
予想通り場内は空いていました。去年はクリスマス明けに来たので場内は大混雑でした。クリスマス前に来て良かったです。お陰で待ち時間も殆ど無く、ストレス無くアトラクションを楽しめました。
a0328535_11070930.jpg
a0328535_11071749.jpg
子供たちは去年はちょっと怖がっていたロープ渡りも今年は楽しんでいたようで、子供たちの成長を感じました。いつかもうこういう場所には興味を示さなくなる日が来るんでしょうね。
a0328535_11073381.jpg
a0328535_11074439.jpg
a0328535_11075509.jpg
a0328535_11080352.jpg
a0328535_11081226.jpg
帰る頃には、辺りは暗くなり始めていました。トレーラに帰って来た時にはもう真っ暗。
慌しく夕食の準備。クリスマスイブはここ数年、我が家の定番になっているすき焼きです。
a0328535_11083657.jpg
a0328535_11084807.jpg
今年はちょっと野菜類の具が少なく、いつもよりやや寂しいすき焼きでしたが、それでも美味しく頂きました。夜はネットの動画を家族で遅くまで見て、サンタがやってくる前に就寝。
a0328535_11090004.jpg
キャンプの夜はこういうダラダラ感が癖になってしまいます。こういう非日常が良いですね。

12月25日(月)
朝6時頃起きてきた子供たちはサンタが届けてくれたプレゼントを発見して大騒ぎ。
a0328535_11133190.jpg
でも数年前までのはしゃぎ方に比べてかなり大人しくなってしまいました。これも成長した印なのかも知れませんが、ちょと寂しい気もしました。

サンタに頼んだプレゼントも、以前のようなおもちゃでは無く、8歳の息子はサッカージャージとプラモデル、11歳になったばかりの次女はクラフト関係のもの、もう直ぐ13歳の長女は精密クラフト品とサプライズとして初めての電子工作キットでした。
a0328535_11134429.jpg
a0328535_11135350.jpg
暖かくなって来た昼ごろからはビーチに出て自転車に乗ったりして午後4時頃まで、たっぷりと遊びました。このビーチはとても広大です。大部分の砂浜は硬いので自転車で自由に走れ回れます。今日は砂地を10Km程度走りました。
a0328535_11140576.jpg
a0328535_11142872.jpg
a0328535_11144097.jpg
a0328535_11145083.jpg
a0328535_11150866.jpg
a0328535_11151968.jpg
a0328535_11152808.jpg
a0328535_11153572.jpg
娘は初めての電子工作に挑戦!初めて持つ半田コテで半田付けです。最初は慣れないせいか上手く半田付け出来ませんでしたが、徐々に上達して行きました。回路図の電子記号の見方なども勉強しながらのプロジェクトです。私も中学生の頃、ラジオを製作した事を思い出しました。

12月26日(火)
今朝は子供達と早起きして、ビーチで日の出を見に行きました。
a0328535_11223209.jpg
今年は寒く、かなり厚着をして5分程歩いてビーチに行き、朝日が海面から上がってくるのを見ました。刻々と空の色が変わってくる様はとても綺麗でした。
a0328535_11224851.jpg
a0328535_11225997.jpg
a0328535_11230838.jpg
a0328535_11231762.jpg
a0328535_11232508.jpg
気温が今日からぐっと下がって外はかなり寒い。厚着をしないと歩けないくらいでした。
a0328535_11234495.jpg
a0328535_11235261.jpg
a0328535_11240358.jpg
寒いけど天気が良いので、夕方からキャンプ恒例のキャンプファイヤーを使った鳥の唐揚げに取りかかりました。ダッチオーブンにやや少な目のサラダ油を入れて、蓋を閉めておくと短時間でカラッと出来上がるのです。ダッチオーブンは万能な調理器具です
a0328535_11241818.jpg
12月27日(水)
今日は雨。雨は前夜の夜中から降り始め、昼過ぎまで続きました。天気が悪いので、終日トレーラの中で過ごしました。こんな日は子供の宿題をこなすのに最適。長女の理科のプロジェクトをトレーラの中で行いました。選んだ課題は果汁電池でアナログ時計が動かせるか?でした。デジタル時計を動かす例は良く見かけますが、アナログ時計を動かしたという記事は目にしたことが無いので興味深い課題でした。真面目な実験なのでpHや電圧を測りながら数時間に渡って真面目に実験をしました。

その後は娘はラジオの電子工作を完成させ、自分で作ったラジオから音が聞こえてきて感動していました。
a0328535_11255011.jpg
12月28日(木)
ものすごく寒い日でした。北から冬将軍がやってきて寒さに閉じ込められました。8歳の息子は隣のキャンプサイトの同年代の男の子と友達になり、寒さにめげず自転車で一日外を走りまわっていました。
a0328535_11484583.jpg
12月29日(金)
今朝も寒い。水道の水が凍結して朝は水が出なくなっていました。サウスカロライナに来てまで水が凍るとは思ってもいませんでした。
a0328535_11593963.jpg
寒いけど天気が良いので、70マイル離れたチャールストンという歴史豊かな小さな街の観光に出かけました。R17を南へ走ります。途中事故渋滞がありやや混雑したものの、2時間程度で最初の目的地に到着。
最初の目的地はCharles Pinckney国立歴史史跡です。 
a0328535_11595493.jpg
チャールズ・ピンクニーは18世紀台のサウスカロライナ州の著名な政治家。彼の農場が今の国立歴史史跡に指定されています。再建されたと思われる母屋が農園跡地にあり、18世紀の家の様子を伺い知ることができました。しかしそれにしても広大な敷地でした。
a0328535_12001899.jpg
a0328535_12010512.jpg
a0328535_12014917.jpg
歴史史跡の後はチャールストンの街を目指します。
a0328535_23293664.jpg
美しい姿の大きな橋を渡ると街の中心部に入って行きました。まずはレインボーローと言われる所に行って駐車しました。
a0328535_23295430.jpg
海岸沿いに立ち並ぶ古い建物の壁が様々な色に塗られていて、まるで虹のように見えることから名前が付けられたのだろうと想像出来ます。街の中心街は歩いて回れるほどの広さしかありませんが、1700年代、1800年代に立てられた古い建物が残されていて、しかも上手にリモデルされており、歴史を感じさせつつも現代風な町並みになっています。
a0328535_23303592.jpg
a0328535_23304905.jpg
a0328535_23313243.jpg
a0328535_23314664.jpg
こういうセンスは古いものを上手に使う欧米の人にはありますね。元は銀行だったところがおしゃれなカフェになっていたりしていました。しかし歩いていて、法律事務所の看板を掲げているところが目立ちました。何故でしょうかね?
a0328535_23311647.jpg
とても全部を見て回る事は出来ませんでしたが、ある程度満足したところでキャンプ場に戻ることにしました。
キャンプ場に着くと早速、息子は昨日知り合ったお友達と暗くなっても遊んでいました。よっぽど気が合うみたいです。

12月30日(土)
時間の流れは速く、あっという間に帰路に着く日になってしまいました。
天気は良く、気温も暖かくなってきました。
息子が知り合ったお友達と、お友達一家にお別れをしてキャンプ場を午後1時近くに出発しました。
息子のお友達はチャールストン在住で、ウィスコンシンから来ているおじいちゃんとおばあちゃんと一緒にキャンプに来ていました。
おじいちゃん達はこれからフロリダに向かうそうで、春になるまでウィスコンシンには帰らないと言っていました。
a0328535_23362971.jpg
a0328535_23364225.jpg
帰路はGPSが指示してくるR-17経由でSC-31からR-701を通るルートを通りました。このルートはとても走りやすかったです。次に来るときはこのルートを選択したほうが良さそうです。
今晩はWalmartの駐車場泊の予定です。しかしあろう事か、目指すWalmartの場所を間違えて、ちょっと遠回りする経由地を指定してしまいました。I-95からI-295に入ったまでは良いのですが、その後I-64を目指してしまったので遠回りになりました、しかもI-64は後半は結構な山道でした。
到着したWalmartは以前泊まったことのあるところでしたが、当初の宿泊予定地からはかなり外れており、遠回りになってしまいました。しかし外は寒い!到着は午後9時半になってしまい、外は氷点下10℃を下回っています。急いでトレーラに中に駆け込み、ヒーターを点けますが、車内が冷え切っており、暖かくなるまで時間がかかりました。
a0328535_23373198.jpg
窓やベント部には断熱材を貼っておきたくなりました。

12月31日(日)
寒さにも関わらず、暖かく眠れました。朝はゆっくり起きて午前10時に出発。
a0328535_23383326.jpg
a0328535_23371490.jpg
a0328535_23381019.jpg
I-81に乗ってそのまま家を目指します。
相変わらず気温は氷点下10℃ちかくのままです。異常に寒いです。
帰宅したのは午後3時半ころ。気温はやはり氷点下10℃。前日に降ったと思われる雪が融けずに残っていました。
a0328535_23375082.jpg
5時間半も氷点下10℃の中を走って来たので、トレーラの排水口やトイレの水等が凍結してしまっていました。
ウィンタライズする前に凍ってしまったのです・・・
キャンプ場を出発する時に出来るだけの水は抜いて来たのですが、完全には抜ききれていないので、配管が心配です。
でも向こう10日間くらいは最高気温が氷点下6℃とかまでしか上がらない日が続くので、手の出しようがありません。
応急処置だけして、そのまま保管場所に戻すことにしました。




にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
[PR]
by rvamerica | 2017-12-31 13:39 | RVキャンピング
先日の感謝祭キャンプでシャワーのカランの底の部分から水漏れが発生していることを発見
a0328535_00580542.jpg
今までは何の問題も無かったのに、急に水漏れが発生。思い当たるフシは、感謝祭前の急激な冷え込み。
予報を見て予め配管の水抜きをしたのですが、その際シャワーだけ水抜きするのを忘れていたのを思い出しました。
恐らく、カラン内部のパイプに残っていた水が凍結・膨張し、パイプに亀裂が入ったのではないかと予想していました。

そこで、カランを外して、新品と交換することにしました。

カラン部を壁から外して
a0328535_01030938.jpg
a0328535_01035150.jpg
配管を外して
a0328535_01041882.jpg
新品のカランと交換
a0328535_01045147.jpg
配管を接続し、基の状態に戻しました
a0328535_01053738.jpg
破損している箇所を調べる為に、問題があるカランを分解してみると・・・
ありました。亀裂が
a0328535_01064151.jpg
a0328535_01065107.jpg
丁度、接合部が剥がれて亀裂が入っていました。
ここから水が漏れていました。

水抜きの大切さを改めて実感しました




にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
[PR]
by rvamerica | 2017-12-08 01:10 | トラベルトレーラ メンテナンス

アメリカ東部在住。37フィートのトラベルトレーラで北米のキャンプ場を巡るキャンピングカー旅行記


by rvamerica