アメリカをRVでエンジョイ

rvamerica.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

12月23日~1月1日の日程でサウスカロライナ州のハンティントンビーチ州立公園まで往復2400KmのRVキャンピングに行って来ました。概ね天気にも恵まれて快適な旅が出来ました。


a0328535_10280234.jpg

2年前から始まったクリスマスキャンプは我が家の恒例行事になりつつあります。
これまで2回はフロリダまで遠征していましたが、今年はその約半分の行程でいけるサウスカロライナでキャンプ。いやーフロリダまで行くのに比べて楽に行けますね!
それでも家から目的地まで片道690マイル(約1100Km)の距離です。

今年のキャンプ地であるハンティントンビーチ州立公園は評判通り素晴らしいビーチでした。


白い砂浜が延々と延びています。ビーチの砂浜の連続総延長は20Kmありました。砂浜の上をシクロクロスバイクで端から端まで走りました。

自宅のペンシルベニア州とは違って日中は20℃を越える陽気で半袖&半パンでOK!
子供達も真冬のペンシルベニアから夏に戻ったようなビーチに来て大喜びです。

a0328535_13334062.jpg
恒例のビーチジャンプ!

a0328535_13340052.jpg

a0328535_13341270.jpg

自宅を12月23日の朝9時半に出発
a0328535_13454747.jpg

a0328535_13455807.jpg

いつもならバルチモアやワシントンDC郊外を経由してI-95に乗るのですが、今回はI-78→I-81→I-66→US-17を通ってI-95に合流するルートを選びました。このルートはバルチモアやワシントンDC周辺の渋滞を避けてI-95に入るルートとして多くのRVファンに使われているルートのようです。
実際試してみると、迂回する分距離が長めな気がしますが渋滞はまずありません。快適に走れるルートです。時間的には大して変わらないかもしれませんが渋滞にはまってじっと動かないより走っている方が気分的に楽ですからね。

23日の宿泊地はバージニア州南部の小さな街EmporiaにあるWalmart駐車場です。
途中、給油を2回して初日の宿泊場所を目差します。
給油するのはFlying JやLove's といった大型トラックも給油する大型スタンドを好んで利用しています。こういった大型ガソリンスタンドにはRV専用の給油ステーションが有る場合があります。

a0328535_13473822.jpg
途中、通勤時間帯に当たってやや混雑した箇所もありましたが順調に走って夕方6時半頃Walmartに到着。トレーラ内で予め用意しておいた夕食を食べて早めの就寝としました。

a0328535_13495936.jpg
小さな街だけあって、Walmartの駐車場も空いていました。RVを泊めるに絶好のスポットを見つるのも容易でした。

a0328535_13512565.jpg
Walmartの駐車場は静かで快適です。買い忘れたものとかも簡単に調達できますしね。

翌24日は朝9時に出発。キャンプ地を目差します。
ノースカロライナ州を縦断し、サウスカロライナ州に入りると外気温が一気に上がります。やっぱりここは南部ですね。US-17に入ると賑やかな雰囲気になります。夏はかなり賑わうのでしょうね。
午後3時にハンティントンビーチ州立に到着しました。広大なキャンプ場は整備が行き届いていて日差しが強い、素晴らしキャンプ場です。
サイト番号は55

a0328535_13573654.jpg

a0328535_13581446.jpg

a0328535_13583207.jpg

a0328535_14144981.jpg

a0328535_06555828.jpg

24日は軽めの夕食にして子供達は夜8時半にはベッドにもぐってしまいました。
サンタさんがプレゼントを持ってくるのを楽しみにしているようです。

a0328535_14003275.jpg
その夜、何と夜中の2時半に子供達は起き出してきてサンタさんからのプレゼントに大騒ぎ。

a0328535_14022060.jpg


a0328535_14023592.jpg

眠い目をこすって親もつき合わされました。。。

25日のクリスマスの日は快晴!早速朝からビーチに行きました。キャンプサイトから歩いて数分の距離でいけます。

a0328535_14052334.jpg

a0328535_14065111.jpg
引き潮の午前中は砂浜も広がり、しかも締まっていてバイクでも快適に走れます。しかも延々と続く砂浜なので波打ち際を走っていてとても気持ち良い!

a0328535_14112564.jpg

a0328535_14093856.jpg

a0328535_14095281.jpg

a0328535_14100207.jpg

a0328535_14101146.jpg
かなり長い時間、ビーチで遊びました


a0328535_14110944.jpg

夕食は昨年から始めたクリスマスのすき焼き。子供達はとても楽しみにしてくれていました

a0328535_14124976.jpg

a0328535_14130726.jpg

エルフも嬉しそう

a0328535_14134933.jpg

a0328535_10300694.jpg

26日は朝からどんより曇り空
いまいち外に出て何かをしようという気がおきません。
朝寝坊して、ゆっくり朝食を食べて暫くトレーラの中でまったりしていました。
昼近くになって、このままトレーラの中で過ごしていてはいけないと思ってキャンプ場近くのトレイルを散歩する事にしました。

a0328535_01304991.jpg
州立公園内にあるトレイルはとても気持ち良く、晴れていたらもっと良かっただろうにと思わせるものでした。公園の周辺は干潟みたいになっていて、干潮だったため底が見えていていました。

a0328535_01311962.jpg

ふと見るとなにやら気持ち悪い見た目のものがびっしり橋の橋脚やその周辺に付いているのが目に留まりました。

a0328535_01314450.jpg

a0328535_01320337.jpg

a0328535_01322169.jpg

カキです。案内板にはカキには水の浄化作用があると書かれていました。カキを保存する為にカキの殻を底に敷いているとも書かれていました。カキはアメリカの先住民が4000年も前から食べていたそうです。4000年前のアメリカってどんな風だったのでしょう?

1時間程散歩して、トレーラに戻って軽く昼食を食べて私は自転車に乗りに行きました。
舗装路の自転車専用路があるようなので、偵察を兼ねて距離が長い南側に言って見ました。
自転車専用路はなかなか良く整備されていました。途中何箇所も道を横切ったりして行き止まりになるまで約10Kmも伸びていました。
帰りは来た道を引き返したのですが、途中で道路を横切って渡る専用路の入り口を見失ってしまいました。何度も探したのですが見つかりません。仕方ないのでUS-17の路肩を帰ることにしました。
US-17は交通量が多いハイウェイなので本当は走りたくなかったのですが仕方ありません。
しかし。。。走る方向を間違えていました。帰路とは逆の方向に一生懸命走ってしまっていました。
気が付いてからは一層スピードを上げて走ったので軽いライドのつもりが少し汗をかくくらいのライドになりました。キャンプ場を出発してから帰着するまで2時間経っていました。
まあ、思いがけず少しまとまった時間乗る事ができました

夜はトレーラの中で娘がクリスマスプレゼントでもらったお菓子のガミーを作るキットでガミーを作ってくれました。結構美味しかったです。簡単に出来るんですね。

a0328535_11095486.jpg
天候が回復してきた27日、28日は暖かい青空の下で子供達とサッカーやバトミントン、フリスビーをしたりネイチャートレイルをバイクで走ったりしてのんびりとリラックスした時間を過ごしました。こういう日って本当に時間が過ぎるのが早いですね。あっという間に時間が経ってしまいました。トレイルは静かな林の中を通っていて所々砂地があってそこを自転車を降りずに走破するのはなかなか楽しかったです。


a0328535_11042147.jpg

またトレーラの排水タンクが一杯になってしまったので、せっかく設営したキャンプサイトを一旦外してトレーラを引っ張ってキャンプ場入り口にあるダンプステーションまで行きました。このキャンプ場には排水設備も完備したフルフックアップサイトも幾つかあるのですが、数が少なく予約を入れたときは既に一杯でした。フルフックアップでないサイトの人達の多くは排水を入れて運べるタンクを持ってきていました。


a0328535_11125235.jpg

こういったキャンプ場に来るときには便利な装備ですね。私も購入を検討したいと思います。
さて、キャンプ場のダンプステーションですが綺麗に整備された排水設備が3基もありました。

a0328535_09200771.jpg

トレーラの排水パイプにホースを繋げてバルブを開けて排水。トイレの汚水を溜めるブラックタンクはブラックタンクフラッシュを使って残った固形物を綺麗に洗い流します。このブラックタンクフラッシュはとても便利な装備です。


a0328535_11113703.jpg


a0328535_11130919.jpg
使い方はとても簡単です。ダンプステーションにある水道水のホースをトレーラのフラッシュ口に繋げて水を流し込むだけ。

a0328535_11144419.jpg
夜はブログでお知り合いになった方から教えて頂いたシーフードバッフェに行きました。昼間からお腹を空かせておいて食べる気満々で行きました。行ったお店はMyrtle BeachのBenette’s Calabash Seafood Buffetです。ペンシルベニアで入るバッフェとは違ってどこか南部の雰囲気を感じさせてくれました。私達のお目当てはカニ。カニをお腹を壊すまで食べてしまいました。隣の大人のアメリカ人グループの人たちより遥かに沢山のカニを食べました。食い意地が張りすぎるのも良くないですね

a0328535_11164764.jpg

a0328535_11244259.jpg
29日は午後まで雷雨の予報だったので、天気が悪くても楽しめるインドアのアクテビティを探しました。行き先はMyrtle Beachにある WonderWorks.
建物がひっくり返って地面に落ちたような外観が印象的です。7歳の息子は本当に建物がひっくり返っていると思い込んでいたようでした。

a0328535_06473533.jpg

a0328535_06462662.jpg

a0328535_06464281.jpg

a0328535_06530151.jpg

a0328535_06531776.jpg
a0328535_06532714.jpg

天気が悪いのとホリデーシーズンということもあって場内はかなり混雑していました。1階から3階まで夫々アトラクションがあるのですが、主なアトラクションを終えるのに5時間くらいかかりました。屋外にも面白そうなアトラクションがありましたが、やはり天気が影響してか皆室内に集中したようです。

a0328535_06472193.jpg

子供達が気に入ったアトラクションは・・・
レーザータグ:レーザー銃を持って、レーザー受光センサーを身につけて規定時間内で出きりだけ沢山のターゲット(相手が身に着けているセンサー)にレーザー弾を命中させて、グループ内で得点を競うゲーム。一グループ20人くらいで、障害物が置かれている暗い室内でレーザー弾を撃ち合いました。私はグループ内で5位でした。身に着けたセンサージャケットが未来的で子供達もとても気に入っていました。

a0328535_06475586.jpg

a0328535_06480930.jpg

a0328535_06482435.jpg

a0328535_06483562.jpg

ジェットコースターシミュレーター:2人が一組になってシミュレータに入り、ジェットコースターの動きをシミュレーションして動きます。私はジェットコースターが大の苦手なので見ている側に徹しました。シミュレータの中から大騒ぎする声が聞いてて面白かったです

a0328535_06485914.jpg
6D シアター:5分程度のMovieに併せて座席が様々な動きをするアトラクション。アイマックスシアターにあるのと似たようなものでしたが、シートの動きの完成度などはアイマックスシアターの方が上なように感じました。

空中綱渡り:ハーネスを付けて空中に巡らされたロープやビームを歩き回るアトラクション。大人の私達でも最初は結構怖く感じました。でも次第に慣れて来ると空中を歩く感覚が楽しくなりました。高いところが苦手な人にはかなりチャレンジングなアトラクションかもそれません。一番楽しんでいたのは7歳の息子でした。

a0328535_06492980.jpg

a0328535_06494218.jpg

a0328535_06495648.jpg

a0328535_06500605.jpg

ネールベッド:何百本も敷き詰められた釘の上に寝ます。結構チクチクしたようです

a0328535_06503313.jpg

a0328535_06504495.jpg

a0328535_06505624.jpg

かなり待ち時間があったのですが、それでも結構楽しめました。
普段ならもっと効率的に回れて、外のアトラクションも入れれば1日かけて楽しめるところだと思います。外にでたらすっかり暗くなっていました。雨も上がって明日は良い天気になりそうです。

a0328535_06512384.jpg

30日は朝から抜けるような青空。しかし寒気が入っているみたいで最低気温は0℃近くまで下がっていました。今日はキャンプ場で丸1日過ごせる最終日。外は寒かったのですが折角の好天を生かして、ビーチに行ったり、トレイルを自転車で走ったりして楽しみました。

a0328535_06540637.jpg

a0328535_06542021.jpg




a0328535_09094656.jpg


a0328535_09055177.jpg
ビーチはもやが無く、今まで見えていなかったような遠いところの景色も綺麗に見えました。
寒かったのでビーチにいる人もまばら。波打ち際からの砂浜の幅も広く、その上ビーチの延長距離が20Km近くもある為、人が居ないビーチは本当に広大でした。

a0328535_10331421.jpg

各ビーチには夫々特徴がありますね。ここのビーチは海草のごみが殆ど無く、白い砂浜が見事に美しい綺麗なビーチでした。人気があるのも納得です。夏の賑わいが容易に想像できます。


a0328535_09075939.jpg

a0328535_09081732.jpg


a0328535_06550231.jpg

a0328535_06551884.jpg

試しに持って来た釣竿を海に向かって垂れてみましたが、予想通り何もかかりませんでした。

a0328535_07111971.jpg

a0328535_07113424.jpg

a0328535_07115057.jpg

a0328535_09084059.jpg


a0328535_09035756.jpg

海水温が低すぎるのかも知れません。硬く締まったビーチの上をシクロクロスバイクでビーチの端から端まで走りました。こんなに快適に自転車で走れるビーチは初めてです。


a0328535_06553824.jpg

a0328535_09090446.jpg

a0328535_09091512.jpg


a0328535_07123338.jpg

a0328535_07122520.jpg

31日大晦日はキャンプ場を出発し家路に付く日

朝寝坊して、チェックアウトギリギリの12時までのんびりして出発。
キャンプ場を離れる前に、ダンプステーションで排水タンクを空にして、家族で記念撮影

a0328535_09050842.jpg

今日の行程はバージニア州まで北上してAshlandのWalmartで一泊です。道路は渋滞が無く至ってスムースに移動出来ました。US-17からUS_-501を経由してUS-701→I-95に入り、リッチモンドではI-295 を通ってI-95に戻りAshlandに着いたのは午後7時半くらい。キャンプ場を出発したのは午後1時くらいになっていたので、休憩や給油を入れて6時間半で着きました。このくらいの移動時間だと楽です。

AshlandのWalmartは24時間オープン。夜中でも車が駐車場に入って来るのですが、外の音は全く気になりませんでした。

a0328535_07104775.jpg
一般のお客さんに迷惑にならないように出来きるだけ駐車場の端っこに駐車しました。他に2台のRVが一緒でした。

a0328535_07100039.jpg

a0328535_07101948.jpg

元旦の朝はWalmartの駐車場で迎えました。イマイチ元旦の気分が出ませんが仕方ありません。
これまたのんびりして、朝10時半に出発。I-95→US-17→I-64 →I-81→I-78のルートを通りました。今まではI-95をそのまま北上してワシントンDCやバルチモアの郊外を回っていたのですが、途中でUS-17に入って迂回するルートの方がRVには向いています。都市部の渋滞や複雑なレーンチェンジが無く、多少走行距離が長くなってもストレスが低く快適に旅が出来ました。これからも南に下るときはこのルートを使いたいと思います。
帰宅は午後4時半。給油は休憩を含めて6時間の行程。サウスカロライナまでだとフロリダ往復に比べてかなり楽です。

12月23日の出発から1月1日の帰宅までの全走行距離は1500マイル(2400Km)

a0328535_07190025.jpg

今回は有料道路の走行はゼロでしたので、これだけ走っても通行料金はゼロ
さすがに広大な国土を無数のフリーウェイで網羅するアメリカ。

平均燃費は10MPGでした。トレーラが大型化し、トレーラの総重量が8000ポンド級になった分、今までのトレーラでの燃費に比べて1割程度燃費が悪くなりました。平均燃費から計算すると一回の給油で走れる走行距離は最大200マイル(320Km)です。

使用したガソリン約150ガロン(600リットル)。ガソリン代は約$330




にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
[PR]
by rvamerica | 2016-12-26 14:17 | RVキャンピング

緊急Winterization

ここのところ急に冬の天候になってきました。
寒い日が続いています。
最低気温も氷点下になってしまいました。
おまけに来週の天気予報を見て、緊急Winterizationをしました。
Winterizationとは、トレーラ内の水関係の配管を凍結による破損から守るための作業です。
来週の予報はこうなっています
a0328535_10460000.jpg
木曜と金曜の気温をみると真冬日です。
しかもその気温からして、何もしないとトレーラの水周りの配管内の水が凍結し、破損してしまう可能性があります。
Winterizationはクリスマスキャンプから帰ってきてから・・・なんて思っていたので
コンプレッサーを未だ購入しておらず、急遽最も原始的な方法でWinterizationをすることにしました。
それはRV専用の不凍液(ピンク色)をトレーラのFresh Tankに流し込んでトレーラの電動ポンプを使って配管全てに不凍液を行き渡らせる事です。
Water Heaterのバルブをバイパスモードに切り替えておけば、最低限の不凍液で済みます。
それでも私のトレーラの場合、4ガロン(16リットル)程度の不凍液を使いました。
コンプレッサーならせいぜい1ガロンもあれば足りるのですがね。

RV用の不凍液は無害ですので、きちんと洗い流せば問題なく水が使えます。
不凍液と言っても、氷点下10℃くらいまで下がれば凍結します。
しかしもっと低い温度まで膨張しないので配管類を破損から守ってくれるのです。
水だと凍結し、体積膨張するので配管が破裂する危険があります。

クリスマスキャンプ出発まで天気予報から目が離せません。




にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
[PR]
by rvamerica | 2016-12-12 10:55 | トラベルトレーラ メンテナンス

アメリカ東部在住。37フィートのトラベルトレーラで北米のキャンプ場を巡るキャンピングカー旅行記


by rvamerica