アメリカをRVでエンジョイ

rvamerica.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:キャンピングカー用品( 13 )

先日の
で重宝したものがあります。それはバックアップカメラです
下の写真で赤く囲んだ部分にカメラが装着してあります。

a0328535_10471529.jpg
もう少し近くで見るとこんな感じです

a0328535_10491843.jpg
ワイヤレスでカメラの画像をトーイングカーのウィンドシールドにつけたモニターまで飛ばしてくれます。カメラからモニターまで15メートルほどあるのですが、モニターに移る実際の絵はこんな感じで、結構綺麗に見えます。走行中も画像を映せます。走行中の画像もリアルタイムでした

a0328535_10504005.jpg
画面尾左下にスペアタイヤが写っています。丁度画面の下がトレーラのバンパー部分でそこからの距離が色線で表示されています。画面の下から上までで大体6メートル程度の範囲が映し出されています。このカメラは
で暗い時でも赤外線で画像を映し出してくれます
前に所有していたトレーラに装着していたのを下取り時に外しておいて、買い換えたトレーラに移植しました。前のトレーラは外装がアルミサイディングだったせいか時々画像が飛ぶ事があったのですが、新しいトレーラでは綺麗に写っています。外装がグラスファイバーになったので電波障害が無いからでしょうか?

さて話を戻すと、このカメラが初キャンプで活躍してくれました。
キャンプに出かけたときは7歳の息子と私の二人で出かけました。翌日残りの家族が合流したのですが、初めて行ったキャンプ場で、自分のサイトを見逃してしまい、暗くなりかけた時に間違えた場所まで30メートルほどバックしなければならなくなりました。ちょっと急な下り勾配で道が少し湾曲していたので、真っ直ぐバックするのが難しく、本当なら誘導が欲しいところでした。
まさか7歳の息子に誘導を任せる勇気は無く、バックアップカメラのモニターに映し出される映像を頼りに慎重にバックしました。ちょとこれが無かったらかなり厳しかったです。
トレーラを牽引されている方ならお分かりと思いますが、トレーラを真っ直ぐにバックさせるのってなかなか難しいんです。時にトーイングカーとトレーラが真っ直ぐになっていないとなお更です。

こういう安全装置は普段は余り活躍しなくても、必要になった時にあると本当に助かりますね
バック以外にも、後続車との距離やフリーウェイなどでのレーンチェンジ確認にも使えます

因みに、モニターに映像を映し出すにはトーイングカーのポジションランプかヘッドライトがONで無いと写りません。バックギヤに入れたら連動して欲しいのですが・・




にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
[PR]
by rvamerica | 2016-10-22 11:06 | キャンピングカー用品
我が家は自他共に認める自転車一家
キャンプに行くときは必ず家族5人分の自転車5台を持って行きます。全てがロードバイクやシクロクロスバイクなのでかなりかさばります。トーイングカーの屋根にキャリアを付けて積載する方法やピックアップトラックの荷台に積載する方法もありますが、車の屋根に乗せると高速走行時に風の抵抗を多く受けるのと自転車が汚れてしまう懸念があります。
私のトーイングカーはピックアップトラックなので自転車を荷台に乗せる方法もあるのですが、これだと荷台にトノカバーが付けられず雨天時に荷台の全ての荷物が濡れてしまう欠点があります。

それらを考慮した結果、私はトレーラの後ろに自転車を搭載する方法を選びました。
アフターマーケットのパーツでトレーラの5インチスチールバンパーに2インチのヒッチレシーバをクランプするキットも売られていますが、バンパーの鉄板は薄く自転車5台を積載して走行するには危険です。
そこで私はトレーラをディーラから購入する際、2インチのレシーバーをトレーラのメインフレームに溶接でガッチリ付けてもらうことにしました。
レシーバにすると、バイクラック以外にもカーゴラックなどにも使えるので汎用性があります
a0328535_00261647.jpg

a0328535_00262919.jpg
この2インチレシーバにバイクラックを付けるのですが、バイクラックなら何でも良い訳ではありません。トレーラのように牽引される車両は大きく揺れる事がありその揺れで自転車がラックから脱落したり、自転車同士がぶつかって傷が付かないようなラックを選ぶ必要があります。

下の写真は普段使っているハングタイプのラックなのですが、このタイプはトレーラに付けてはいけません。
a0328535_00342238.jpg
メーカのマニュアルにも明確に書かれています。それに加えてこのタイプ(フレームをゴムストラップで固定するタイプ)は絶対にお勧め出来ません。理由は揺れで自転車がラックから外れてしまうからです。トレーラではありませんが、SUVに付けて走った時に目的地で自転車が完全にラックから外れていた事が何回かありました。それにこのハングタイプだと揺れで自転車同士がぶつかって傷や破損の恐れがあります。

お勧めはプラットフォームタイプのラックです。
私は4台積載できるSwagman社製XTC4を選びました。
a0328535_00410689.jpg

etrailer等でも推奨されているRVでも使えるバイクラックです。但しこのラックはバンパーにつけてはいけないとマニュアルに書かれています。
ラック自体の重量が30kgを超えるので、重いのが難点です。
しかし重い分、かなり堅牢に作られています
a0328535_00424161.jpg
a0328535_00435753.jpg

ヒッチレシーバとの接続部にはロックできるピンが付いてきて便利です

a0328535_00433821.jpg
実際にキャンプに使って見て安心して自転車を運べる事を確認しました
移動中、トレーラの後ろを妻に車で走ってもらい、見てもらいましたが、安定していたようです
a0328535_00451413.jpg

a0328535_00470504.jpg
a0328535_00471862.jpg



にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
[PR]
by rvamerica | 2016-10-15 00:48 | キャンピングカー用品
今まで余り気にしていなかったブラックタンク(トイレの汚水タンク)のトリートメント剤ですが、はやり製品によってその性能に差がある事をようやく認識するようになりました。
時々、何が良いかWebで調べていたところ、フルタイムでRV生活をしている人のブログで紹介されていたトリートメント剤が目に留まり、早速購入してみました。別のレビューサイトでも一押しされていました。
a0328535_01461630.jpg
30ガロンタンク(120リットル)のブラックタンクだと40回分使える量がはいっています。
我が家の場合、30ガロンタンクは大体4日間もつので、これで160日分になります

次のキャンプから早速使ってみようと思います



にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
[PR]
by rvamerica | 2016-04-05 01:49 | キャンピングカー用品
先日Amazonで注文した洗剤が届きました。Charlie's Soapという液体洗剤です
自然分解する材料で作られていて、キャンピングカーからクルマ、一般家庭まで使える万能洗剤のようです
実際にこの洗剤を使ってキャンピングカーを洗ったユーザのYouTubeを見て購入してみることにしました
キャンピングカー専用の洗剤よりずっと安価で車にも使えるようなのですが、まずクルマから試してみようと思います
a0328535_00270995.jpg
届いた洗剤を何気なく眺めていたら、後ろに貼ってある使用上の注意のラベルに目が止まりました。
最初の1文を真面目に受け止めていたら、何か変!
読み進む前にそこを何回も読み返してしまいました。「へー、何で昆虫に使ったら駄目なのかな?」と思って読み進むと明らかにそれはユーモアのある冗談が続いていました
そのラベルとは・・・
a0328535_00341144.jpg
赤線で示したところがその”冗談”です。
そこには
「この洗剤をゴキブリ、アリ、蚤、蜂、スズメバチ等に直接かけないでください。もし誤ってかけてしまったら、その不幸な昆虫達を手元の水で15分間洗い流し、そしてお近くの動物愛護協会又は認定昆虫医に相談し指示を仰いでください。追伸:この洗剤でサラダドレッシング又はロケット燃料を作ることはお勧めしません。まぁ、これは冗談ですが・・・」
と真面目に書かれています。
こんなにユーモアのある商品ラベルは今まで見たことがありません

ますますこの洗剤の効果が楽しみです



にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
[PR]
by rvamerica | 2016-01-16 00:25 | キャンピングカー用品
土曜の午後、家から20分のところで開催された2016年アレンタウンRVショーに行ってきました
天気は生憎の空模様でしたが、屋外&屋内に様々なキャンピングカーが展示&販売されていて情報収集をしてきました
帰り際には気になったトレーラについてセールスマンとちょっと商談などをして、予定より滞在時間が長くなってしまいました。
アレンタウンのRVショーはRVショートしては規模が小さかったのですが、それでも様々なタイプのキャンピングカーが展示されていました。
危うく、キャンピングカーを買い換えたい衝動に駆られてしまいそうになりました。
展示会だとその場で実車比較が出来て、とても良いですね。それに展示会価格などお買い得です。
次に買い換えるときは展示会で買うことにします。
a0328535_02085988.jpg
a0328535_02090749.jpg
a0328535_02084160.jpg
a0328535_02083188.jpg
a0328535_02084994.jpg
a0328535_02091408.jpg
a0328535_02092359.jpg
a0328535_02082346.jpg
a0328535_02093687.jpg
a0328535_02093005.jpg
a0328535_02101069.jpg



にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
[PR]
by rvamerica | 2016-01-10 01:54 | キャンピングカー用品
以前から気になっていたバンクした時のタイヤ交換に便利なグッズを買いました
a0328535_09431348.jpg
どうやって使うか?
下の写真のように使います。この商品はタンデムアクセルのトレーラ専用です。車軸が1軸の場合は残念ながらこの商品は意味がありません。
下の写真は2つのタイヤともGoodなタイヤが写っていますが、実際は路面から浮いているタイヤが交換するタイヤになります

a0328535_09434232.jpg


普通ならタイヤ交換はジャッキアップして行ないますが、重量の思いトラベルトレーラをジャッキアップするとなるとジャッキも大きく&重くなり、またジャッキアップする手間と時間もかかります
この商品はジャッキアップ不要なのが最大の売りです。
強化樹脂製で重さも軽くトレーラのストレージに入れておけば万一の時に役に立ちそうです
私も万一に備えて買いましたが、出番が無い事を願っています



にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
[PR]
by rvamerica | 2015-05-06 09:56 | キャンピングカー用品
特にトラベルトレーラを牽引してのキャンプに便利なもの
それはウォーキートーキーです
a0328535_09570604.jpg
つまりトランシーバーのこと
これ、トレーラをバックで駐車スポットに誘導してもらうのに凄く便利なんです
エンジン音や風で誘導者の声が聞こえ難いことがあるのですが、トランシーバの誘導だと確実に聞こえるのでとても助かります
他にも使い方は一杯あります。



にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
[PR]
by rvamerica | 2015-04-28 10:00 | キャンピングカー用品
自転車一家な我が家、キャンピングにも5人家族全員の自転車を持って行きたい!って前から思っていたのですが、テントキャンピング時代を含めて5人分全員の自転車とキャンプ道具一式を持って運ぶのはスペース的に無理でした。
しかしフルサイズのピックアップトラックFord F-150 を買った事でコレが実現する事になりました。
トラックのベッド(荷台)に自転車5台を積んで運ぶ手もありますが、これだと自転車同士がぶつかって傷が付くし、他に荷物が積めなくなるので良くありません。
そこでベッドフレームにバイクラックを装着する方法を選びました

INNOから便利な物が販売されています。
同社から販売されているTruck Stay R101です
トラック荷台のフレームに取り付けるクランプ金具で、これに通常のラックバーを取り付ければ今まで使っていたBikeラックがそのまま使えるのです。
a0328535_10255253.jpg
a0328535_10260867.jpg
写真はフォームマウント式のバイクラックですが、他のタイプのラックも装着できます
荷台のフレームの上にバイクが載るのでその下のベッドスペースはそのまま使えます
つまり自転車が載っても荷台のスペースを失う事無く使うことが出来ます
a0328535_10272988.jpg
後方から見るとこんな感じです
a0328535_10291115.jpg
試運転で3台分のラックを付けて、残り2台は荷台に置いて積んでみました
Bikeを前後違いに積めばあと2台、合計5台のBikeが搭載出来ます
これでトラベルトレーラを牽引しながら家族全員のBike5台を運ぶ事が出来ます

余りにも簡単に搭載できたので試しにBikeを積んで近くのState Parkにドライブに行きました
実はココ、5月中旬にキャンプで行くState Parkなんです。下見を兼ねていきました
湖畔沿いの気持ちの良いキャンプ場でした
楽しみです
a0328535_10365210.jpg
私はシクロクロス車を持っていきました
a0328535_10355306.jpg
a0328535_10372411.jpg
シクロクロス車を持ってきたのでMTBも走れるトレイルにも入ってサイクリング
シクロクロスレースのコースを思い出しました
子供達にはちょっとキツかったかな?

a0328535_10380564.jpg
a0328535_10385089.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
[PR]
by rvamerica | 2015-04-27 10:41 | キャンピングカー用品
先日、フルタイムでキャンプ生活をしている人のブログを読んでいたらキャンピングカーで使える家庭用トイレットペーパーの記事に行き当たりました。
この方はアメリカで自宅を売却しキャンピングカーを購入し、北米中を回っているようです。
こういう生き方もアリですね。そのフルタイムでキャンプをしているエキスパートの人によると、高価なキャンピングカー専用のトイレットペーパーを使わなくても、家庭用のトイレットペーパーでも直ぐに水に分解し排水タンクの詰まりを起こさないものがあるというのです。キャンピングカー用に作られたトイレットペーパーは水に溶けやすく、固体として排水タンク内に残り難いようになっています。固体として残ったままだと排水管などの詰まりになるので要注意です。家庭用のペーパーでも分解が早いものであれば配管の詰まりの心配が少なくなりコストも安くつくのでGoodですね
a0328535_00552152.jpg
上の写真の右がキャンピングカー用に作られたトイレットペーパーで左がキャンピングカーでも安心して使える家庭用のトイレットペーパーです
値段はキャンピングカー用が一巻き80セントくらいに対し、左の家庭用は50セントくらい。しかも右のはダブル巻きなので使える長さが半分

うちの奥さんは賢く、随分前から左のペーパーを家で使っていると言うのです
買い足したキャンピングカー用のペーパーは返品しなきゃ




にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
[PR]
by rvamerica | 2015-03-29 01:00 | キャンピングカー用品

GARMIN RV760 試してみた

昨日届いたGarmin RV760を通勤で試してみました

FORDのピックアップトラックF150のダッシュにおいて見ましたが、画面が大きくてとても見やすい!
a0328535_10515656.jpg
RVモードで設定してあるので、普段通勤で使う細い道への誘導はありませんでした。
これをクルマモードにしたら誘導がどう違うのか興味があるところです。
音声によるガイドも分かり易くて○
上の写真のケーブルについている長細いものはトラフィックレシーバ
今日は通勤ルートで試しただけですが、次は実戦使用で試してみます

今日はMapのアップデートをしました。
a0328535_11053508.jpg
このモデルはMapのアップデートがLife Timeに渡って無料で可能です
ナビゲーションをPCに繋いでMAPデータを更新しました
LapTopのモニターの大きさと比べてナビゲーションユニットの大きさがお分かりになると思います。
タブレットと同じくらいの大きさがあります



にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村

[PR]
by rvamerica | 2015-03-07 11:01 | キャンピングカー用品

アメリカ東部在住。37フィートのトラベルトレーラで北米のキャンプ場を巡るキャンピングカー旅行記


by rvamerica