アメリカをRVでエンジョイ

rvamerica.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:RVキャンピング( 53 )

8月5日から13日の日程で8泊9日のビーチキャンプに行って来ました。
行き先はバージニア州東部南端に位置するKiptopeke州立公園です。下の地図で赤い→で示した場所に位置します
a0328535_09453517.jpg
自宅から約300マイル、およそ6時間程度の距離にあり、1日で目的地に到着できるのでとても便利でした。
近くの街といえば、Cape Charlesという人口1000人の小さな街くらいで、ビーチは週末でも静かで混雑していませんでした。
a0328535_09484017.jpg
海はかなりの遠浅で、そのせいか、遊泳地でもライフガードは居ません。
キャンプ場は州立公園内にあり、キャンプ場はかなりの賑わいでした。キャンプ場からビーチまで徒歩でアクセスできます。
a0328535_09512484.jpg
今回は同じサイトを連続して予約することが出来ず、2箇所のサイトに分けて滞在しました。A24とA38です。写真上はA24のサイト。
今年は例年に無く、蒸し暑く、また雨も多いため、キャンプ場には沢山の蚊がいて、ちょっと閉口しました。ネット式のテントを持っていれば良いなぁとつくずく思いました。
a0328535_09542811.jpg
ビーチへは良く整備された木道を通って行きます。
ビーチに行って最初に目に入るのが、かなり朽ち果てた船の列です
a0328535_09551221.jpg
沈没船か?と思われますが、これはコンクリート製の船です。歴史を調べてみるとこのコンクリート船は第二次世界大戦時に建造されたコンクリート船で当時、アメリカは24隻のコンクリート船を建造し、南太平洋での日本海軍との戦いで物資を貯蔵する船として従軍したようです。
このビーチには24隻のうち9隻が列をなして存在しています。何故コンクリート船なのか?ですが、アメリカもその当時は鋼鉄の板が不足しており、コンクリートの船が作られたようです。
a0328535_10002496.jpg
これらの船は大戦後ここに運ばれ、海岸の防波堤として今もここに存在します。1960年台前半まではこの辺から大陸までフェリーが運航されていましたが、その当時はフェリーの桟橋を波から守る役目も果たしていたようです。フェリーは1960年前半に廃止され、変わって32Kmの会場を渡る橋とトンネルの組み合わせで出来るトンネル・ブリッジが大陸と結ばれるようになりました。
私達も、実際にそのトンネル・ブリッジを通行してみました。総延長32kmは長いですね。
a0328535_10051521.jpg
a0328535_10054261.jpg
橋の途中に2箇所のトンネルがあります。上の写真はそのトンネルへの入り口です
このトンネルの上を大型の船が航行するようになっています。橋の橋げたの高さは余り無いので、ここを航行するように設計されています。

さて、この地域は牡蠣や青カニの産地です
ビーチは浅瀬なので、海の底を沢山のカニが歩いていて、私達も7-8匹ほど捕まえました。青カニ(上海カニ)をキャンプサイトでゆでて、食べてみましたが、身は余り無く、労力の割には腹の足しにならないカニでした。
a0328535_10104592.jpg
a0328535_10110622.jpg
a0328535_10120958.jpg
a0328535_10123193.jpg
a0328535_10125502.jpg
キャンプ場から約15分くらい走ったところにCape Charlesという街があります。フェリーが航行していた時代はかなり栄えていたようですが、
トンネル・ブリッジが出来てからは寂れて、今では観光地として生まれ変わろうとしているようです。
自転車でも行ける距離なので、滞在中は車以外に、自転車でも行きました。
a0328535_10154006.jpg
街の建物は殆どが1910年代に建てられたもので、昔は銀行だったのが今ではカフェになっていたりします。
建物の中の雰囲気は100年前の時代を感じさせるものでした。
a0328535_10175027.jpg
他にBrown Dogという美味しいアイスクリーム店も我が家のお気に入りになりました
a0328535_10185351.jpg
またキャンディー屋さんもあり、中には本物の虫をキャンディに入れた商品もありました。
それを食べた息子は、虫は美味しくなかったそうです
a0328535_10203847.jpg
a0328535_10202186.jpg
滞在中は、1日を除いて毎日ビーチに通いました。
それ以外は私は自転車のトレーニングをしたりしていました。周辺の道路は平坦で幹線道路以外はクルマの通行は殆どありません。
a0328535_10211768.jpg
今回は、インターバルトレーニングもあるので、敢えて固定式のトレーニング負荷装置も持ち込み、トレーラの横で練習もしました。それにしても本当に暑かったです。

ビーチの夕日も綺麗でした。曇ったのは確か1日だけで後は、日中は晴れていました。時々激しい雷雨にも見舞われましたが・・・
a0328535_10214825.jpg
a0328535_10220472.jpg
a0328535_10221051.jpg
夕食はキャンプファイヤーも活躍しました。
ただ、蚊が多いので完全防備で焚き火をしたので、かなり汗をかいたキャンプファイヤーでした
a0328535_10302367.jpg
羊の肉のローストもキャンプファイヤーで作りました。
a0328535_10314156.jpg
我が家の定番の唐揚げもしました。
a0328535_10313892.jpg
近くのビジターセンターにも足を運びました。
一家揃って自転車で行きました
a0328535_10330796.jpg
センターの係員の方達から説明もしてもらいました。
この周辺は、渡り鳥、渡り蝶の中継地なようです。
a0328535_10221710.jpg
その為か、かなり厳重な自然保護がされていました。多分ここはリゾートにはならないでしょうね。自然保護に努めてもらいたいです
a0328535_10352998.jpg
センターの係員の方に教えてもらったところに興味深いものがありました。
コンクリートで覆われた半地下に設置された大砲です
a0328535_10464998.jpg
a0328535_10374531.jpg
a0328535_10232252.jpg
a0328535_10384421.jpg
a0328535_10232822.jpg
この大砲は第二次世界大戦と朝鮮戦争に従軍した、戦艦ミズーリに搭載されていた艦砲のうちの1門です。
その艦砲の大きさに驚きました。確かこの艦砲は16インチ砲です。日本の戦艦長門の艦砲と同じ口径ですね
戦艦大和の艦砲は確か46センチ砲だったので6センチほど小さいものの、その迫力に驚きました。
戦艦ミズーリと言えば、日本が無条件降伏の調印を行った戦艦です。
何故ミズーリの艦砲がここにあるのかは分かりませんが、ここは元々は対戦中に国防の為にこの大砲と似た大砲が設置されており、そのオリジナルの大砲の変わりに設置されたと説明の看板には書かれていました。
a0328535_10445491.jpg
コンクリート船と言い、戦艦ミズーリの艦砲と言い、歴史を感じることが出来たキャンプでした


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
[PR]
by rvamerica | 2018-08-18 10:53 | RVキャンピング
2017年クリスマス休暇のキャンプはサウスカロライナ州のハンティントンビーチ州立公園へ行きました。
昨年の年末休暇でも来た場所です。本来なら同州にある別の州立公園に行く予定でしたが、今年夏に米・東部に被害をもたらしたハリケーンの影響でそのキャンプ場が閉鎖になった為、2年連続で同じキャンプ場に行くことになりました。しかし今年は昨年と違ってとても寒かった。こんなに南に下がって来ても朝晩はかなり冷え込み、氷点下まで下がるほど。去年は半ズボンでも過ごせたのに・・・
この冬の寒波はかなり強力です。

12月22日(金)
午前9時に自宅を出発。
a0328535_09325516.jpg
今晩は400マイル走ったNC州のEmporiaにあるWalmartの駐車場で一泊。昨年泊まった駐車場と同じ場所です。ここのWalmartはRV愛好家の間でも、安全で静かで便利な中継地点として人気がある場所です。途中I-95への合流地点で渋滞にはまった以外は順調に走れました。午後6時に到着。去年も同じ時間に自宅を出発し、同じ時間に到着していました。
a0328535_09331143.jpg
トレーラの中で予め準備しておいた夕食を早めに食べて。早めに就寝。静かに眠れました。
a0328535_09332325.jpg
周囲には5-6台のキャンピングカーが停車していました。中には同じペンシルベニアから来たという人が居ました。
a0328535_09351771.jpg
12月23日(土)
午前9時に出発。この日はアメリカ中が移動する日でフリーウェイの混雑が予想されました。実際その通りになりました。目だった大渋滞は無かったものの、交通量はかなり多めで、急に流れが悪くなる事が何回もありました。去年よりやや時間がかかってキャンプ場には午後3時半近くに到着。ニュースを見るとこの日は米・北東部で凍結による交通への影響が発生していました。自宅もかなりの冷え込みと悪天候の中にあるようでした。しかし700マイル南に走ったキャンプ場はポカポカ陽気です。いつも思うことですが、アメリカの国土は本当に広いです。

キャンプサイトは89番。
a0328535_11002699.jpg
a0328535_11004179.jpg
a0328535_11005276.jpg
今回の宿泊サイトは去年のサイトとは違う場所です。日暮れまで数時間なので、トレーラを設置してクリスマスライトの設置を済ませたら外で遊ぶ時間が無くなってしまいました。私以外の家族は皆、ビーチに出て砂浜を自転車で走って楽しんでいたようですが・・・
a0328535_11010344.jpg
12月24日(日)
予報どおり朝からどんより曇り空。
a0328535_11064272.jpg
霧も出ています。時折雨も降っています。翌25日は好天予報だったので、天気が悪くても楽しめるWonderWorksに行くことにしました。子供たちのお目当てはレーザータグ。
a0328535_11065759.jpg
予想通り場内は空いていました。去年はクリスマス明けに来たので場内は大混雑でした。クリスマス前に来て良かったです。お陰で待ち時間も殆ど無く、ストレス無くアトラクションを楽しめました。
a0328535_11070930.jpg
a0328535_11071749.jpg
子供たちは去年はちょっと怖がっていたロープ渡りも今年は楽しんでいたようで、子供たちの成長を感じました。いつかもうこういう場所には興味を示さなくなる日が来るんでしょうね。
a0328535_11073381.jpg
a0328535_11074439.jpg
a0328535_11075509.jpg
a0328535_11080352.jpg
a0328535_11081226.jpg
帰る頃には、辺りは暗くなり始めていました。トレーラに帰って来た時にはもう真っ暗。
慌しく夕食の準備。クリスマスイブはここ数年、我が家の定番になっているすき焼きです。
a0328535_11083657.jpg
a0328535_11084807.jpg
今年はちょっと野菜類の具が少なく、いつもよりやや寂しいすき焼きでしたが、それでも美味しく頂きました。夜はネットの動画を家族で遅くまで見て、サンタがやってくる前に就寝。
a0328535_11090004.jpg
キャンプの夜はこういうダラダラ感が癖になってしまいます。こういう非日常が良いですね。

12月25日(月)
朝6時頃起きてきた子供たちはサンタが届けてくれたプレゼントを発見して大騒ぎ。
a0328535_11133190.jpg
でも数年前までのはしゃぎ方に比べてかなり大人しくなってしまいました。これも成長した印なのかも知れませんが、ちょと寂しい気もしました。

サンタに頼んだプレゼントも、以前のようなおもちゃでは無く、8歳の息子はサッカージャージとプラモデル、11歳になったばかりの次女はクラフト関係のもの、もう直ぐ13歳の長女は精密クラフト品とサプライズとして初めての電子工作キットでした。
a0328535_11134429.jpg
a0328535_11135350.jpg
暖かくなって来た昼ごろからはビーチに出て自転車に乗ったりして午後4時頃まで、たっぷりと遊びました。このビーチはとても広大です。大部分の砂浜は硬いので自転車で自由に走れ回れます。今日は砂地を10Km程度走りました。
a0328535_11140576.jpg
a0328535_11142872.jpg
a0328535_11144097.jpg
a0328535_11145083.jpg
a0328535_11150866.jpg
a0328535_11151968.jpg
a0328535_11152808.jpg
a0328535_11153572.jpg
娘は初めての電子工作に挑戦!初めて持つ半田コテで半田付けです。最初は慣れないせいか上手く半田付け出来ませんでしたが、徐々に上達して行きました。回路図の電子記号の見方なども勉強しながらのプロジェクトです。私も中学生の頃、ラジオを製作した事を思い出しました。

12月26日(火)
今朝は子供達と早起きして、ビーチで日の出を見に行きました。
a0328535_11223209.jpg
今年は寒く、かなり厚着をして5分程歩いてビーチに行き、朝日が海面から上がってくるのを見ました。刻々と空の色が変わってくる様はとても綺麗でした。
a0328535_11224851.jpg
a0328535_11225997.jpg
a0328535_11230838.jpg
a0328535_11231762.jpg
a0328535_11232508.jpg
気温が今日からぐっと下がって外はかなり寒い。厚着をしないと歩けないくらいでした。
a0328535_11234495.jpg
a0328535_11235261.jpg
a0328535_11240358.jpg
寒いけど天気が良いので、夕方からキャンプ恒例のキャンプファイヤーを使った鳥の唐揚げに取りかかりました。ダッチオーブンにやや少な目のサラダ油を入れて、蓋を閉めておくと短時間でカラッと出来上がるのです。ダッチオーブンは万能な調理器具です
a0328535_11241818.jpg
12月27日(水)
今日は雨。雨は前夜の夜中から降り始め、昼過ぎまで続きました。天気が悪いので、終日トレーラの中で過ごしました。こんな日は子供の宿題をこなすのに最適。長女の理科のプロジェクトをトレーラの中で行いました。選んだ課題は果汁電池でアナログ時計が動かせるか?でした。デジタル時計を動かす例は良く見かけますが、アナログ時計を動かしたという記事は目にしたことが無いので興味深い課題でした。真面目な実験なのでpHや電圧を測りながら数時間に渡って真面目に実験をしました。

その後は娘はラジオの電子工作を完成させ、自分で作ったラジオから音が聞こえてきて感動していました。
a0328535_11255011.jpg
12月28日(木)
ものすごく寒い日でした。北から冬将軍がやってきて寒さに閉じ込められました。8歳の息子は隣のキャンプサイトの同年代の男の子と友達になり、寒さにめげず自転車で一日外を走りまわっていました。
a0328535_11484583.jpg
12月29日(金)
今朝も寒い。水道の水が凍結して朝は水が出なくなっていました。サウスカロライナに来てまで水が凍るとは思ってもいませんでした。
a0328535_11593963.jpg
寒いけど天気が良いので、70マイル離れたチャールストンという歴史豊かな小さな街の観光に出かけました。R17を南へ走ります。途中事故渋滞がありやや混雑したものの、2時間程度で最初の目的地に到着。
最初の目的地はCharles Pinckney国立歴史史跡です。 
a0328535_11595493.jpg
チャールズ・ピンクニーは18世紀台のサウスカロライナ州の著名な政治家。彼の農場が今の国立歴史史跡に指定されています。再建されたと思われる母屋が農園跡地にあり、18世紀の家の様子を伺い知ることができました。しかしそれにしても広大な敷地でした。
a0328535_12001899.jpg
a0328535_12010512.jpg
a0328535_12014917.jpg
歴史史跡の後はチャールストンの街を目指します。
a0328535_23293664.jpg
美しい姿の大きな橋を渡ると街の中心部に入って行きました。まずはレインボーローと言われる所に行って駐車しました。
a0328535_23295430.jpg
海岸沿いに立ち並ぶ古い建物の壁が様々な色に塗られていて、まるで虹のように見えることから名前が付けられたのだろうと想像出来ます。街の中心街は歩いて回れるほどの広さしかありませんが、1700年代、1800年代に立てられた古い建物が残されていて、しかも上手にリモデルされており、歴史を感じさせつつも現代風な町並みになっています。
a0328535_23303592.jpg
a0328535_23304905.jpg
a0328535_23313243.jpg
a0328535_23314664.jpg
こういうセンスは古いものを上手に使う欧米の人にはありますね。元は銀行だったところがおしゃれなカフェになっていたりしていました。しかし歩いていて、法律事務所の看板を掲げているところが目立ちました。何故でしょうかね?
a0328535_23311647.jpg
とても全部を見て回る事は出来ませんでしたが、ある程度満足したところでキャンプ場に戻ることにしました。
キャンプ場に着くと早速、息子は昨日知り合ったお友達と暗くなっても遊んでいました。よっぽど気が合うみたいです。

12月30日(土)
時間の流れは速く、あっという間に帰路に着く日になってしまいました。
天気は良く、気温も暖かくなってきました。
息子が知り合ったお友達と、お友達一家にお別れをしてキャンプ場を午後1時近くに出発しました。
息子のお友達はチャールストン在住で、ウィスコンシンから来ているおじいちゃんとおばあちゃんと一緒にキャンプに来ていました。
おじいちゃん達はこれからフロリダに向かうそうで、春になるまでウィスコンシンには帰らないと言っていました。
a0328535_23362971.jpg
a0328535_23364225.jpg
帰路はGPSが指示してくるR-17経由でSC-31からR-701を通るルートを通りました。このルートはとても走りやすかったです。次に来るときはこのルートを選択したほうが良さそうです。
今晩はWalmartの駐車場泊の予定です。しかしあろう事か、目指すWalmartの場所を間違えて、ちょっと遠回りする経由地を指定してしまいました。I-95からI-295に入ったまでは良いのですが、その後I-64を目指してしまったので遠回りになりました、しかもI-64は後半は結構な山道でした。
到着したWalmartは以前泊まったことのあるところでしたが、当初の宿泊予定地からはかなり外れており、遠回りになってしまいました。しかし外は寒い!到着は午後9時半になってしまい、外は氷点下10℃を下回っています。急いでトレーラに中に駆け込み、ヒーターを点けますが、車内が冷え切っており、暖かくなるまで時間がかかりました。
a0328535_23373198.jpg
窓やベント部には断熱材を貼っておきたくなりました。

12月31日(日)
寒さにも関わらず、暖かく眠れました。朝はゆっくり起きて午前10時に出発。
a0328535_23383326.jpg
a0328535_23371490.jpg
a0328535_23381019.jpg
I-81に乗ってそのまま家を目指します。
相変わらず気温は氷点下10℃ちかくのままです。異常に寒いです。
帰宅したのは午後3時半ころ。気温はやはり氷点下10℃。前日に降ったと思われる雪が融けずに残っていました。
a0328535_23375082.jpg
5時間半も氷点下10℃の中を走って来たので、トレーラの排水口やトイレの水等が凍結してしまっていました。
ウィンタライズする前に凍ってしまったのです・・・
キャンプ場を出発する時に出来るだけの水は抜いて来たのですが、完全には抜ききれていないので、配管が心配です。
でも向こう10日間くらいは最高気温が氷点下6℃とかまでしか上がらない日が続くので、手の出しようがありません。
応急処置だけして、そのまま保管場所に戻すことにしました。




にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
[PR]
by rvamerica | 2017-12-31 13:39 | RVキャンピング
感謝祭の休日を利用して11月23日~26日の日程で、自宅から3時間の距離にあるShawnee州立公園にRVキャンプに家族で行って来ました。
感謝祭にキャンプをするのは初めて。この時期は朝晩の気温が氷点下になるので、寒さが少し心配でしたが、今年は夏も秋も自転車レースで忙しく、なかなかキャンプにでかける機会が無かったこともあり楽しみにしていました。
滞在中、天気にも恵まれ、冷え込んだ日もありましたが充実した楽しいキャンプが出来ました。
感謝祭ということもあってか、周囲には3-4台のRVしか無く、広大なキャンプ場はガラガラでした。お陰さまでかなりプライベートなキャンプサイトとなりました。夜には子供たちとランタンを持って隠れん坊をして遊んだりしました。キャンプ場で夜に隠れん坊も初めて。夜は真っ暗で星空がとても綺麗なのが印象的でした。キャンプサイトは綺麗に整備されていて、周囲には大きな湖もあり、夏はかなり人気のキャンプ場だろうと思います。

a0328535_08391584.jpg
a0328535_08412514.jpg
今回のサイト番号は317番。プルスルー型のサイトです。上下水道、電気を備えたフルフックアップです。
プルスルーとは頭から入れて、頭から出て行けるレイアウトで、バックでトレーラをサイトに入れる必要がありません。トーイングカーを入れて連結長20メートルのトレーラですが、前後には未だ余裕がありました。こういう広いサイトは楽ですね。
a0328535_08423129.jpg
この時期は水道が凍結する可能性があるので、水道には凍結防止のヒーターが巻かれていました。
a0328535_08471447.jpg
周囲にはまばらにRVが数台泊まっているだけ。殆ど貸切状態です
a0328535_08484840.jpg
a0328535_08491837.jpg
a0328535_08493919.jpg
ピークシーズンだと恐らく予約も厳しそうなくらい人気があるのではないでしょうか。
ウチは自転車一家なので、キャンプには常に人数分の自転車を積みます。
トレーラのキャリアに4台。ピックアップトラックの荷台に1台の合計5台。今回、私と妻はロードバイクを持って行きました。娘二人はサイクロクロスバイクです。息子はKids用MTB
a0328535_08514625.jpg
風は冷たいですが、気持ちの良い天気でした。寒さにも関わらず、結構な時間を外で過ごしました。自転車に乗ったり、トレイルをハイキングしたり、サッカーしたり、フリスビーしたり、キャンプファイヤーしたりなどなど。

a0328535_12282101.jpg
a0328535_08534454.jpg
a0328535_08552907.jpg
a0328535_07103637.jpg
a0328535_08554864.jpg
a0328535_08560491.jpg
a0328535_07101909.jpg
a0328535_08561449.jpg
a0328535_08570364.jpg
a0328535_00135403.jpg
a0328535_00142115.jpg
到着した日は感謝祭でしたので、夜は感謝祭のお料理をトレーラの中で美味しく頂きました。
メインのターキーは前日に予め自宅で料理をしておきました。何せ焼くのに4時間もかかるので・・・
a0328535_07100819.jpg
a0328535_08593948.jpg
お皿の数が多くなり、食卓テーブルに乗り切らないので、料理はアイランドキッチンのテーブルに並べて各自でサーブして食べることにしました。
a0328535_09005646.jpg
a0328535_09010466.jpg
外は氷点下ですが、車内は暖房が効いて実に快適でした。

ご馳走を沢山頂いた翌日は、あの2001年9月11日の同時多発テロでペンシルベニア州の原野に墜落した旅客機、ユナイテッド93便の墜落現場に自転車で出かけました。この墜落現場は今ではナショナルメモリアルパークとして綺麗に整備されています。
キャンプ場から片道30Km弱。距離は大した事はありませんが、その途中にある山のヒルクライムが長かったです。ペンシルベニアには標高の高い山はありませんが、それでもこの900mを超える峠までの登りはなかなかのものでした。
a0328535_09071530.jpg
a0328535_09074434.jpg
a0328535_09075287.jpg
ペンシルベニアには12年住んでいますが、Flight 93メモリアルを訪れるのは初めて。以前から行ってみたいと思っていたのですが、ようやく実現しました。しかも最初は自転車で。
a0328535_09095180.jpg
a0328535_09095928.jpg
同時多発テロが起きた日はアメリカに来る1年前でした。そのニュースを日本でテレビで見ていたのを今でも覚えています。ニューヨークのツインタワーが崩壊する様子はメディアでも頻繁に報道されていましたが、ペンシルベニアの原野に旅客機が激突したのはあまり大きなニュースにならなかったと思います。でもその事実はニュースで知っていました。もう16年も経ってしまったのですね。

初めてその現場を訪ねてみて、恥ずかしながら初めて40名の犠牲者の中に日本人が一人含まれていた事を知りました。前途有望な青年が巻き込まれてしまいました。

残念ながら、自転車で訪れた日は時間が遅く、帰路を急がないと日没までに間に合わない可能性があったので、翌日、クルマで再度来ることにして帰路に着きました。キャンプ場まで7キロの地点で私も妻もパンク。イヤー日没との戦いで焦りました。

翌日は家族でFlight 93メモリアルを訪れ、じっくり見て来ました。資料館に展示されている残留品の一部や、乗客の一部が墜落前に家族に残した留守番電話の録音を聞くことが出来ました。特にその留守番電話を聞くととても悲しく、涙が出て来ました。
犠牲者の方々のご冥福を心からお祈り致します。


a0328535_09215494.jpg
下の写真で左手に伸びる斜めに傾いた黒い壁から向こうの草原一帯が残留品が散らばっていたエリアだそうです
a0328535_12192485.jpg
壁の先には、犠牲になられた方々のお名前が刻まれた白い大理石の壁があります。

a0328535_12195483.jpg
下の写真の中央に見える岩の手前が、飛行機が地面に激突した場所を示しています。激突の衝撃で地面には飛行機の前、主翼の形のまま深さ9メートルの穴があいていたそうです。時速900Km/h超で激突したと説明にありました。

a0328535_12202640.jpg
展望台からみるクラッシュ現場です。思わず空を見上げてしまいました。


a0328535_12204512.jpg
a0328535_00144883.jpg
a0328535_12211337.jpg
a0328535_12292235.jpg
また、この地を訪れてみようと思います



にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
[PR]
by rvamerica | 2017-11-29 12:29 | RVキャンピング
急遽、海水浴キャンプに行って来ました。
目的地はDelaware Seashore State Park
人気が高く、8月中は殆ど予約でいっぱい。下旬になってようやく空きが出てくる感じです。
8月下旬になると海水温が下がるのでは?と心配していたら、一つだけぽっかりまとまって予約が取れるサイトが現れました。しかも角サイトなので良さそうです。
早速3泊4日の日程で予約を入れて、準備も慌しく出かけて来ました。

自宅からフィラデルフィア方面を経由して片道3時間半程度と、かなり手ごろな距離です。出発は日曜日でしたので都市部のフリーウェイは比較的空いていましたが、ビーチが近くなると、結構混んでいました。シーズン中は週末を中心にかなり混みそうです。
キャンプ場までのアクセスは至って簡単。とても快適なドライブでした。キャンプ場はビーチから至近距離にあります。良く整備の行き届いたキャンプ場でした。
ただ、木々に囲まれたキャンプ場と違って、キャンプサイトそのものはまるでキャンピングカーの駐車場のような感じでした。
a0328535_02474980.jpg
a0328535_04260128.jpg
キャンプサイトでのキャンプファイヤーも不可でした。でもこれだけの立地で管理の行き届いたところでしたので、文句なしです。

我々のサイト番号は337番。
ビーチからは遠い方のサイトですが、プライバシーがあり、静かで落ち着いた角地のサイトです。中央の方はかなり人口密度が高く、かなりの賑わいでしたが、コーナーは静かでした。
a0328535_02473297.jpg
a0328535_03495005.jpg
a0328535_04125841.jpg
キャンピングカーの窓からは、草原地帯らしきものが広がっています。でも良く見るとすぐそこまで水が複雑に入り組んで迫っているようでした。
a0328535_03481803.jpg
キャンプ場へ到着したのは、午後1時。自宅を9時に出発して1時にはキャンプ場って便利ですね
子供達は早速、水着に着替えてビーチへ直行!!
a0328535_03514248.jpg
a0328535_03565054.jpg
a0328535_04262356.jpg
a0328535_03573447.jpg
a0328535_04180905.jpg
良い感じの波もあって夕方まで力一杯遊びました。日曜の午後のビーチはた沢山の人で賑わっていました。
でもビーチが広いので、混雑は気にならない程でした。
ビーチへの駐車場料金は州外客が1台$10、州内客は$5でしたが、キャンプ場宿泊客は無料でした。3日間ビーチに通ったのでお徳感もありました。
a0328535_03534819.jpg
a0328535_03541720.jpg
翌日は朝から荒れ模様でした
ちょうど台風並みに発達した低気圧が通過したせいで、数時間に渡って大雨が続きました。結局この日は午前中に1時間程度ビーチで遊べただけで、後は夕方まで雨が止むまでキャンピングカーの中で大人しくしていました。私は仕事も出来ました
a0328535_04264717.jpg
a0328535_04003907.jpg
雨がようやく止んで、外に出てみたらビックリ。そこらじゅう水浸しで洪水でした。
a0328535_04015949.jpg
a0328535_04022900.jpg
a0328535_04030423.jpg
a0328535_04203974.jpg
お隣さんのキャンピングカーは水に浸かりそうな勢いでした。
a0328535_04034805.jpg
ようやく雨が止んでも水が引くまで1日かかりました。
周辺域には竜巻警報も発令されましたが、幸い大きな被害は無かったようです。
水が引いてようやく、外に出て活動出来るようになりました。
a0328535_04271425.jpg
a0328535_04062414.jpg
a0328535_04064282.jpg
夜はライトアップされた橋まで散歩したり、明かりを持って夜のビーチに行って探検したりも出来ました
a0328535_04082135.jpg
a0328535_04083463.jpg
a0328535_04123711.jpg
低気圧通過後は天候も急速に回復して、その後もビーチに通って遊ぶ事が出来ました。
こんなに近くに、これ程良いキャンプ場があるなら、また是非来たいと思いますね
a0328535_04162309.jpg
a0328535_04163663.jpg
我が家の愛犬達も、キャンプがお気に入りみたいです



にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
[PR]
by rvamerica | 2017-08-12 04:13 | RVキャンピング
6月24日~7月3日の9泊10日でサウスカロライナ州ロックヒルまでRVキャンプに行ってきました。
走行距離は約1400マイル(2240Km)
a0328535_02375789.jpg

キャンプの目的は2017年マスターズ・トラック全米選手権出場です。
大会は1週間続き、毎日様々なカテゴリと競技種目が寿司詰めです。
私は4種目の競技にエントリーしたので、当地での滞在も長期に渡りました。競技そのもののレポートは
でアップしたいと思います。

このRVキャンプの予行演習は今年3月に行っていたので、全ての旅程は予め踏襲しておりとても順調なRV旅行となりました。
今回は家族全員と競技の装備を乗せての移動だったので、燃費とか牽引に負荷がかかるかな?って思っていましたが、真夏の暑さの中、エアコン全開でも全く支障はありませんでした。平均燃費も11.7MPGと3月の予行演習での平均燃費より11.7%も良くなっていました。
恐らく気温が高く、エンジンの燃焼効率が良くなったからでしょうか?あとは気温が高くなった事で空気抵抗が減った事の効果があるからかも知れません。

自宅から最終目的地まで約11時間の行程なので、レース前の体の負担を減らそうと思って往路は中間地点でキャンプ場に一泊しました。夏場はエアコン無しで宿泊するのはかなり厳しいですからね。

出発直前に予約した中継地点のキャンプ場はバージニア州にある

とてもよく整備された、気持ちの良いキャンプ場でした。この近くを中継に使うときは是非利用したいキャンプ場です
小さめの湖があるのですが、各サイトの配置が上手くされており眺めの良いキャンプ場です

サイト番号は31番
隣のサイト番号30の方が出し入れはちょっと楽そうでした
a0328535_02393309.jpg
a0328535_02404521.jpg
湖面に映る夕焼けが綺麗でした。
a0328535_02394744.jpg
a0328535_02395768.jpg
オーナーがゴルフカートに連結した”列車”を運転して子供たちを楽しませてくれるのですが、その”過激な”アクションに子供達は大はやぎでした。

a0328535_02401613.jpg
a0328535_02402559.jpg
a0328535_02403366.jpg
一泊だけで移動するのはちょっともったいないキャンプ場でしたが、日程が詰まっているので最終目的地に移動します。
5時間半程の運転で、8泊に渡るレースのベースキャンプ場 Ebenezer Parkに到着です。
春に来たときよりもずっと大勢の人で賑わっていました。

このキャンプ場は自治体管理なので、キャンプ費が格安($24)なのが嬉しいです。
格安ですが、整備も行き届いていて非常にGoodです。
湖のビーチもあり、子供達は連日泳いでいました。私は今回はレース以外は殆ど屋外活動はしませんでした。
子供たちにはちょっと悪いことをしました。でもレース以外で疲れる訳には行かないので・・・

今回のサイト番号は36番
前回のサイト番号45に比べると、ちょっとイマイチな場所でした。何せサイトの横が急な斜面なので使える面積が少ないのです。
特に妻には不評でした。
a0328535_03185285.jpg
a0328535_03193728.jpg
a0328535_03200774.jpg
しかしサウスカロライナは暑かったです。緯度がペンシルベニアよりずっと南にあるせいか、気温もさることながら湿度が高く、トレーラのエアコン全開でした。

長女はそんな暑い中でもコーチから指示された練習メニューをこなしていました。いつかこの努力は報われるはず
a0328535_03430812.jpg
それ以外は、子供たちは他のキャンプサイトの子供たちと早速お友達になり、連日ビーチ通い。子供は元気ですね
a0328535_03393159.jpg
a0328535_03405740.jpg
a0328535_03410838.jpg
a0328535_03412530.jpg
a0328535_03230152.jpg
a0328535_03231042.jpg
こちらも湖に沈む夕日が綺麗でした
a0328535_03243908.jpg
a0328535_03244884.jpg
a0328535_03245872.jpg
a0328535_03250866.jpg
a0328535_03252000.jpg
a0328535_03253086.jpg
7月1日は長男の8歳の誕生日でした
トレーラの中でアイスクリームケーキを食べてお祝いしました。本当に元気な男の子です
a0328535_03265280.jpg
a0328535_03270195.jpg
a0328535_03271008.jpg
a0328535_03272493.jpg
キャンプ場でこんな動物にも巡り合いました。
少し遊んで元に戻してあげました。
a0328535_03465145.jpg
a0328535_03470447.jpg
a0328535_03471836.jpg

さて、レースの方ですが何とか表彰台に立つことが出来ました。
初めてのトラック・全米選手権大会でしたが、やはり脚に自信がある全米の強豪が集まるこの大会はタフでした。
ナショナルレベルの大会で表彰台に立つのが一つの目標でしたので、ちょっとホッとしています。

a0328535_03331877.jpg
a0328535_03333733.jpg
a0328535_03335869.jpg
a0328535_03341380.jpg
a0328535_03342455.jpg
a0328535_03355589.png
私の夢はこれで終わった訳ではありません。いつか表彰台の頂点に立ちたいと思います
支えてくれた家族と私のコーチに感謝です。有難う&これからも宜しくね!
a0328535_03581974.jpg



にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
[PR]
by rvamerica | 2017-07-06 03:47 | RVキャンピング
メモリアルデーにペンシルベニア州との州境近くの
に3泊4日で行って来ました。
自宅から2時間半と手頃な距離にありました。キャンプ場の名前の通り、小さな湖のあるキャンプ場でした。フリーウェイからたった6マイルくらいしか離れていませんが、キャンプ場はとても静かな山奥にありました。キャンプ場手前の3マイルくらいは、ペンシルベニア州とニューヨーク州の州境があり、ペンシルベニア州側の舗装路からニューヨーク州に入った途端に未舗装路と変わりました。
a0328535_10154884.jpg
州境で舗装路から未舗装路に変わる理由は州境のカウンティ(郡)のTAX(税金)システムの違いによるそうです。しかもここは携帯の電波が全く入りません。音信不通状態になる場所でした。
しかも行きは道を間違えて、とんでもない未舗装路を何マイルも走るアクシデントがありました。

でもこれまで経験したトラブルに比べれば、大した事はありません。
無事にキャンプ場に到着しました。
a0328535_10211532.jpg
キャンプ場にはその名の通り、私有の小さな湖があるキャンプ場でした。
そこのオーナー夫婦はとても感じの良い方達でした。最初、キャンプ場に到着したばかりの頃は天気も悪く、未だ土地勘も無いので、あんまり良いキャンプ場ではないな、と思ったのが第一印象でした。
しかし、翌日から天気も回復して来て、湖の周辺を散策したり、釣りをしたり、ボートに乗ったりしているうちに、このキャンプ場の良さが段々分かるようになりました。

今回のキャンプサイトは35番でした。
a0328535_10325228.jpg
お隣のサイトには、そのサイトに何と20年間も”住んでいる”ご夫婦が居られました。そこから職場に通っているそうです。
メモリアルデーでキャンプ場は満員御礼状態でしたが、普段はひっそりと静かなキャンプ場だとその20年の住人は言っていました。
a0328535_10272532.jpg
この個人経営のキャンプ場は実に温かみのあるキャンプ場で、ボートレンタルも建前上は30分で5ドルなのですが、実際は時間なんて誰も管理していなくて、一回好きなだけ借りて5ドルでした。
a0328535_10314383.jpg
a0328535_10315284.jpg
a0328535_10320327.jpg
a0328535_10321206.jpg
a0328535_10322473.jpg
a0328535_10323453.jpg
他にカラオケ大会とか釣り大会とか企画されていて、オーナーの努力と人柄がしみじみ感じられた良いキャンプ場です。

釣りも私有地なのでライセンス不要。
私は鯖釣りの仕掛けで餌無しでこいつを釣り上げました。
a0328535_10295573.jpg
a0328535_10311118.jpg

a0328535_10312234.jpg
中日には20分先の動物園
まで足を延ばしました
手頃な大きさの家族向けの動物園でした。
a0328535_10335490.jpg
皆さんの一番のお目当ては5月に生まれたばかりのキリンの赤ちゃんです。
生後一ヶ月でもうこんなに大きくなっていました!!
a0328535_10340725.jpg
a0328535_10341629.jpg
a0328535_10342634.jpg
ご飯は焚き火をフルに活用しました
a0328535_11021429.jpg
a0328535_11031695.jpg
a0328535_11033840.jpg
外で食べるご飯は美味しいですね
一杯頂きました

a0328535_11043347.jpg
子供達は顕微鏡を家から持って来ていて、湖の水を観察していました。
動物プランクトンは見つけられませんでしたが、植物プランクトンを見て騒いでいました。

とてもリラックスした3日間でした。
また来たいキャンプ場が一つ増えました




にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

[PR]
by rvamerica | 2017-06-05 11:07 | RVキャンピング
来週末はメモリアルデーを迎える週末で、土・日・月の3連休です。
ここのところ自転車のトレーニングに集中する余り、来週末の予定を考えていませんでした。
折角の3連休だし、気分転換にと思って急遽キャンプを計画し始めたのですが、予想通りキャンプ場探しに難航しました。
メモリアルデーと言えば夏の始まりを告げる祭日、どこも賑わいます。
RVキャンプもしかり、ステートパークから民間から調べましたが、どこも予約で一杯。
諦めかけていたら、一つのキャンプ場から空きがあると返事が来ました。
キャンセルが出たので空いたようです。

ニューヨーク州とペンシルベニア州の州境にある
です。確保出来たサイトは湖面に面したサイトでした。
a0328535_01341877.jpg
家から125マイルなので2時間ちょっとです。
これなら近くて良さそうです。



にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
[PR]
by rvamerica | 2017-05-18 01:36 | RVキャンピング
3月30日~4月2日、サウスカロライナ・ロックヒルまでRVキャンプ&自転車キャンプに行って来ました。
子供達は学校の都合があり、私一人でのキャンプでした。
a0328535_00065186.jpg
ペンシルベニアからロックヒルまで往復約2000km弱。平均燃費は11mpg(4.4 Km/L)と予定していた平均燃費10mpgよりやや良くなりました。Map上での片道距離は588マイルなので、これまでの経験上、給油や休憩を含めて移動時間は50mphで計算すると大体実際にかかる時間が読めることが分かっているので、想定は片道11時間半程度と見込んでいました。実際は予定とかなり近いものになりました。

a0328535_00081121.jpg
私はフリーウェイはどんなに速度を出しても65MPH(104kmh)までしか出しません。よく70MPH以上で乗用車並みに飛ばしていくRVを見ますが、私には理解できません。安全面、燃費、エンジンへの負担、タイヤへの負荷を考えるとそこまで飛ばす意味があるのか疑問です。私の場合、牽引車であるピックアップトラックとキャンピングトレーラを併せて6トンの重量があります。急いで行くより、時間に余裕を持って行動するほうが遥かに賢い選択と思います。

今回のキャンプの最大の目的は自転車のトレーニングでした。6月末から始まるトラックレースの全米選手権に向けたトレーニングです。RVキャンプでは無く、ホテル泊も考えたのですが、やはり自転車とRVキャンプを同時に楽しみたくて、心配する妻を説得して一人で往復2000kmの旅にでました。
結果的に、正解でした。多少時間は多くかかったものの、ホテル泊より遥かに快適でリラックス出来ました。出費の面でも大幅にコストをセーブできました。キャンプ場の宿泊費は一泊$28.食事は全て予め積み込んでおいたので現地での出費はゼロ。ホテルだと一泊$150はかかりますし、都度の食事もコストがかかります。燃費の差を考慮しても大幅な節約になりました。

自宅は3月30日(木)の夕方に出発
工程の約半分の位置にあるWalmart (
サイト番号は45
上下水道、電気を備えたフルフックアップサイトです

a0328535_00392299.jpg

a0328535_10535209.jpg

a0328535_00394951.jpg

a0328535_00400971.jpg
ペンシルバニアは未だ春が来ていませんでしたが、ここはもう初夏のような陽気でした。本当にアメリカ大陸は広い。

セットアップを手際よく済ませ、翌日から始まる2日間のトレーニングキャンプに備えて自転車の準備も済ませます。

a0328535_00422673.jpg
自転車のトレーニングキャンプは、私のコーチ達が主催し、ベロドローム(自転車競技場)を2日間貸しきって朝9時から午後3時まで練習です。3人のコーチが12人のアスリートを見てくれました。

a0328535_00444497.jpg
このベロドロームは1周250mの屋外コンクリート走路で、バンクの傾斜は最大43度。
スキーをされる方なら想像できると思いますが、43度というとまるで垂直の壁のように見えます。

a0328535_00472661.jpg

a0328535_00474069.jpg

a0328535_00475256.jpg

a0328535_00480741.jpg
2日間のトレーニングキャンプはとても充実したものになりました。常に笑いに溢れ、それでいてかなり集中する良い練習が出来ました。

練習の後はキャンプ場に戻り、湖畔を散策したりリラックス出来ました。これで家族が居たらもっと楽しかったでしょうね。

a0328535_00510327.jpg

a0328535_00511765.jpg
この公園はキャンプ以外にもボートを楽しむ人たちにも人気があるようです。
湖畔の駐車場にはボートを持って来たピックアップトラックが一杯でした

a0328535_00520912.jpg

a0328535_00530620.jpg

a0328535_00531932.jpg

a0328535_00533729.jpg

期待以上に、よく整備が行き届いた気持ちの良い公園でした。
恐らくシーズンにはもっと賑わうのでしょう。

次は6月末にまた来ます。既にキャンプサイトの予約もおさえてあります。
帰りは、途中泊せずに11時間半かけて帰宅しました。
気持ち良く送り出してくれた家族に感謝です。



にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
[PR]
by rvamerica | 2017-04-06 00:56 | RVキャンピング
まだ2月だというのにここペンシルベニア州では、既に春のような暖かな日が既に何日か出てきています。今年の冬は昨年末から正月頃にかけてはかなり寒かったのですが、それ以降は本当に冬か?と思うくらいの日がありました。これからはこんなのが普通の冬になるのでしょうかね?
降雪量も平年に比べてかなり少なかったです。

まぁ、RVキャンプには短くて暖かな冬の方が有り難いですけどね。

まだ我が家のキャンピングトレーラはカバーに覆われて冬篭りの最中ですが、早速今年の春のRVキャンプ計画が立ちました。4月始めにサウスカロライナ州のキャンプ場に行きます。
キャンプ場はRock HillにあるEbenezerキャンプ場

実はこのキャンプ場は今年6月末にも既に予約を入れてあるのですが、それに先立って数日間利用する事にしました。残念ながらこのキャンプは家族は子供の学校の都合もあって連れて行けそうに無く、私一人になりそうです。

キャンプの目的は、6月末にこのキャンプ場近くのベロドロームで行なわれる、トラック全米選手権レース出場に備えた自転車のトレーニングキャンプに参加する為です。

ホテル泊も検討したのですが、自転車のトレーニングだけでなく、RVキャンプも同時に楽しみたくて一人でもトレーラを引っ張って行く事にしました。

行程はこんな感じです。なんせ片道600マイル(960Km)近くもあるので、中一泊で考えています
途中泊は勿論Walmartの駐車場泊を考えています
a0328535_11502199.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
[PR]
by rvamerica | 2017-02-23 11:52 | RVキャンピング
約半年先の話ですが、6月末~7月にかけてまたサウスカロライナでキャンピングの予約を入れました。

キャンプ地はサウスカロライナのRock HillにあるEbenezerパーク

a0328535_12423757.jpg

湖畔のキャンプ場で、なかなか気持ち良さそうです。

キャンプの目的はコレ↓

a0328535_12281225.jpg


a0328535_12350197.jpg

Rock Hillにあるベロドローム(自転車競技場)で行なわれるトラック全米選手権出場です

このキャンプ場はベロドロームから約15分とベースキャンプには好適地です。

大会は1週間続くので、このキャンプが夏のバケーションになりそうです




にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
[PR]
by rvamerica | 2017-01-15 12:37 | RVキャンピング

アメリカ東部在住。37フィートのトラベルトレーラで北米のキャンプ場を巡るキャンピングカー旅行記


by rvamerica