アメリカをRVでエンジョイ

rvamerica.exblog.jp
ブログトップ

トレーラ バックアップカメラがあって助かった

先日の
で重宝したものがあります。それはバックアップカメラです
下の写真で赤く囲んだ部分にカメラが装着してあります。

a0328535_10471529.jpg
もう少し近くで見るとこんな感じです

a0328535_10491843.jpg
ワイヤレスでカメラの画像をトーイングカーのウィンドシールドにつけたモニターまで飛ばしてくれます。カメラからモニターまで15メートルほどあるのですが、モニターに移る実際の絵はこんな感じで、結構綺麗に見えます。走行中も画像を映せます。走行中の画像もリアルタイムでした

a0328535_10504005.jpg
画面尾左下にスペアタイヤが写っています。丁度画面の下がトレーラのバンパー部分でそこからの距離が色線で表示されています。画面の下から上までで大体6メートル程度の範囲が映し出されています。このカメラは
で暗い時でも赤外線で画像を映し出してくれます
前に所有していたトレーラに装着していたのを下取り時に外しておいて、買い換えたトレーラに移植しました。前のトレーラは外装がアルミサイディングだったせいか時々画像が飛ぶ事があったのですが、新しいトレーラでは綺麗に写っています。外装がグラスファイバーになったので電波障害が無いからでしょうか?

さて話を戻すと、このカメラが初キャンプで活躍してくれました。
キャンプに出かけたときは7歳の息子と私の二人で出かけました。翌日残りの家族が合流したのですが、初めて行ったキャンプ場で、自分のサイトを見逃してしまい、暗くなりかけた時に間違えた場所まで30メートルほどバックしなければならなくなりました。ちょっと急な下り勾配で道が少し湾曲していたので、真っ直ぐバックするのが難しく、本当なら誘導が欲しいところでした。
まさか7歳の息子に誘導を任せる勇気は無く、バックアップカメラのモニターに映し出される映像を頼りに慎重にバックしました。ちょとこれが無かったらかなり厳しかったです。
トレーラを牽引されている方ならお分かりと思いますが、トレーラを真っ直ぐにバックさせるのってなかなか難しいんです。時にトーイングカーとトレーラが真っ直ぐになっていないとなお更です。

こういう安全装置は普段は余り活躍しなくても、必要になった時にあると本当に助かりますね
バック以外にも、後続車との距離やフリーウェイなどでのレーンチェンジ確認にも使えます

因みに、モニターに映像を映し出すにはトーイングカーのポジションランプかヘッドライトがONで無いと写りません。バックギヤに入れたら連動して欲しいのですが・・




にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
[PR]
by rvamerica | 2016-10-22 11:06 | キャンピングカー用品

アメリカ東部在住。37フィートのトラベルトレーラで北米のキャンプ場を巡るキャンピングカー旅行記


by rvamerica