アメリカをRVでエンジョイ

rvamerica.exblog.jp
ブログトップ

2016年初キャンプはバルチモア水族館とゲティスバーグ国立公園へ

約3ヶ月間の冬篭りも終わり、イースターブレークを利用して今年初のキャンプに3泊4日の日程ででかけてきました。
木曜の早朝から金曜の午前中くらいまで雨が降ったものの、良い天気に恵まれて良いキャンプが出来ました。
メインのイベントはメリーランド州のバルチモア水族館とペンシルベニア州のゲティスバーグ国立公園を見に行くことでした。当初の計画では水族館に行った翌日に桜がピークを迎えたワシントンDCの桜を見に行く予定でしたが、イースターの為人手が多く大混雑が容易に想像できたので、キャンプ場に到着してからアメリカ南北戦争の最大の激戦地として有名なゲティスバーグに行くことにしました。
ペンシルベニア州に住んで11年になりますが、同じ州内にあるゲティスバーグを訪れたことは今までに無く、正に灯台下暗しでした。

これら観光のベースキャンプはペンシルベニア州とメリーランド州の州境にあるMerry Meadows Recreation Farmキャンプ場にしました。
a0328535_04443719.jpg
自宅から2時間の距離にあるこのキャンプ場はフリーウェイI-83から2マイルとアクセスがとても良かったです。予約したサイトはクリフハンガーと呼ばれる、プライバシーが確保されたサイトです。キャンプファイヤーやピクニックテーブルを置く所が森に面しており、混雑時でも全く人目が気にならないサイトでした。
a0328535_04444696.jpg
ケーブルTV、電気、上下水道完備のフルサービスサイトで、出入りが楽なプルスルー型のサイトでした。休日前の為か、交通量が多く、ランカスターに向かう途中で少し渋滞した為約2時間半かかって木曜の夕方6時に到着しました。
手早くキャンピングカーの設置を済ませ、暗くなる前に食事の準備に取り掛かりました。

初日の夜はシャブシャブです。
a0328535_08051108.jpg
これまでの経験で到着した日の夕食は手間のかからないメニューにした方が良い事を学びました
夕食後は勿論キャンプファイヤーです。夜11時近くまでキャンプファイヤーを楽しみました。

翌日朝はバルチモアのダウンタウンにあるバルチモア水族館へ
a0328535_08111539.jpg
水族館は海に面したガラス張りの建物
a0328535_08120944.jpg
歴史を感じさせる建物も有効に利用されています

渋滞も無くキャンプ場から水族館までは1時間のドライブでした。
キャンプ場に付いてからはトーイングカーだけで自由に行動できるのがトラベルトレーラの良い所ですね。
水族館の最大のお目当てはサメを見ること。6歳の息子は大のサメ好きで、サメを見るのをとても楽しみにしていました。
a0328535_08130334.jpg
a0328535_08131042.jpg

やはりイースターだけあって大勢の人で混雑していました。チケットは予めインターネットで買っておいたのでスムースに入館出来ました。
水族館の大きさは特に大きくはありませんが、数多くの展示が工夫されてアレンジされていて飽きることなく見学できました。
a0328535_08141350.jpg
昼食の為、館の外に出ることも出来ます。出口で再入場の為のスタンプを手首に押してもらえたら、再入場するときはそのスタンプを見せるだけでOKです。
昼食は水族館から歩いて数分のところにあるチーズケーキファクトリーで食べました。
a0328535_08133907.jpg
なかなか良い味でした。
ご飯を食べてもう一度入場し、もう一度サメのセクションを見て帰りました。
a0328535_09044648.jpg
a0328535_09040105.jpg
キャンプ場に戻ったのは夕方6時くらいになっていました。
a0328535_09062198.jpg
ハンバーガーが今日の夕食です。
a0328535_09065158.jpg
a0328535_09073704.jpg
夕食後はケーブルTVを見てのんびり過ごしました。気が付くとまた夜11時になっていました

翌朝はのんびり朝寝坊をしてしまいました。10時過ぎにキャンプ場を出発し、アメリカ国立公園に指定されているゲティスバーグミリタリーパークへ向かいました。1時間程度のドライブで到着しました。
お恥ずかしい話、ゲティスバーグという地名は高校の世界史の教科書で”ゲティスバーグの戦い”という一文でしか馴染みの無かった地名で、その戦いについてそれ以上の知識はすっかり私の頭の中には残っていませんでした。習ったのだと思いますが、完全に忘れ去っていました。
ゲティスバーグの戦いはウィキペディアの解説によるとアメリカ南北戦争時代の最大激戦地で事実上の決戦となった舞台なのですね。ではその南北戦争とは何だったのかというところから勉強する必要があります。南北戦争はウィキペディアの解説に寄れば”アメリカ合衆国アメリカ連合国との間で行われた戦争である。奴隷制存続を主張するアメリカ南部諸州のうち11州が合衆国を脱退、アメリカ連合国を結成し、合衆国にとどまった北部23州との間で戦争となった”と書かれています。私が見学したゲティスバーグのメモリアルミュージアムの資料の解説を私なりに解釈したら、南北戦争は奴隷制の存続をかけた戦い以外にもアメリカが拡大発展する中で奴隷制反対で工業先進地域の北部が奴隷解放を通じて労働力の確保を図ろうとするのと、奴隷制により労働力を維持し続け、工業化により近代化を嫌う南部が武力衝突したのが南北戦争(American Civil War)なのかと思います。ゲティスバーグは当時、流通上の重要拠点であり、フィラデルフィアやバルチモアを制圧したい南軍(アメリカ連合軍)とそれを阻止したい北軍(アメリカ合衆国軍)が激しく衝突したところです。このゲティスバーグの戦いで勝利した北軍がこれ以降の南北戦争を優勢に運び北軍の勝利で南国戦争を終結させます。また南北戦争終結後リンカーン大統領が演説し”人民の人民による人民の為の政治”という有名な言葉が発せられたのもゲティスバーグです。
今回のキャンプで少し南北戦争について学ぶことが出来ました。もっと南北戦争のことが知りたくもなりました。
a0328535_09094165.jpg
a0328535_09101176.jpg
博物館とビジターセンター、とても立派な建物でした。建物だけでなく、場内展示や資料映画、パノラマ油絵なども非常に充実しています
a0328535_09124944.jpg
a0328535_09130023.jpg
建物内にはバックパックの持ち込みは出来ないので注意です。ペットも禁止です
a0328535_09155627.jpg
a0328535_09160528.jpg
この時代、未だ先込め式の銃も使われていました
a0328535_09163249.jpg
a0328535_09192805.jpg
a0328535_09222200.jpg
北軍(アメリカ合衆国軍)と南軍(アメリカ連合軍)の装備の比較
上が北軍、下が南軍
工業技術に勝る北軍の方が装備が優れているように見えました。実際、南軍は銃火器類の調達に苦慮したようです
a0328535_09193951.jpg
a0328535_09235846.jpg
先頭を描いた360度のパノラマ油絵。何人もの絵師によって1年かからずで完成させたようです。油絵の風景と今の風景にそんなに差は感じられませんでした。今の風景が150年前もそのままそこにあったのかと思うと、いろいろ想像を掻き立てられました
a0328535_09423782.jpg
a0328535_09272644.jpg
150年前に作られたと思われる苔むした低い石垣が今でもそこかしこに残されています。石垣にも銃弾の後が残されているかも知れませんね
a0328535_09290621.jpg
博物館見学の後、クルマで回れる古戦場見学ルートの一部をトレースしてみました。行ったのは北軍の重要拠点で、3日間に渡るゲティスバーグの激戦の最終日に南軍が北軍に突撃し敗れたカルプスヒルです。
カルプスヒルは小高い丘になっていて、今は鋼鉄製の展望台が造られており、周囲一望することが出来ます
a0328535_09335235.jpg
a0328535_09400692.jpg
a0328535_09401532.jpg
a0328535_09402324.jpg
a0328535_09403232.jpg
a0328535_09404168.jpg
当時の武器や石垣、柵が再現されています

次回は自転車か車で古戦場を巡るツアーコースをじっくり回ってみたくなりました

キャンプ場に戻って夕食の準備
最終日の前夜は子供達に好評の飯ごうで炊くお米と唐揚げです
a0328535_09473308.jpg
a0328535_09474288.jpg
a0328535_09475032.jpg
a0328535_09475956.jpg
a0328535_09480890.jpg
a0328535_09481668.jpg



にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
[PR]
by rvamerica | 2016-03-28 09:33 | RVキャンピング

アメリカ東部在住。37フィートのトラベルトレーラで北米のキャンプ場を巡るキャンピングカー旅行記


by rvamerica