アメリカをRVでエンジョイ

rvamerica.exblog.jp
ブログトップ

24フィート トラベルトレーラを購入しました

2014年12月、初めてのキャンピングカーを所有する事になりました。アメリカではキャンピングカーは一般にRVと呼ばれています。RVも車種別に幾つか分類されていて主に次のようになります

  • Class A:バスみたいな形状のタイプ
  • Class B:バンタイプの車内を改造しキャンピングカーに仕立てたタイプ
  • Class C:運転台が付いた懸架台にRVキャビンを搭載したタイプ
  • Fifth Wheel:牽引タイプで、牽引装置が牽引車両の荷台に装着されているタイプ
  • Travel Trailer:牽引タイプで、牽引装置が牽引車両のバンパー部分に装着されているタイプ
  • Pup Up Camper:牽引タイプで、Travel Trailerより簡易型。キャビンが上下に開閉式になっているタイプ


私が今回購入したのはTravel Trailerのタイプ。

Travel Trailerに決めた理由は幾つかあります

  1. 自走式のタイプ(Class A, B & C)だと目的地に到着してからもその大きい車体で動き回る必要がある為、行動の自由度に制限が出る。勿論自走式のキャンピングカーの後ろに乗用車を牽引すれば、自由度の制限は解消しますが、燃費や投資の面から選択肢から外しました。2013年にイエローストーン国立公園をClass Cのキャンピングカーを借りて回りましたが、かなり燃費が悪かったし、小回りが利かないので山道は気を使いました。牽引式だと目的地でキャンピングカーをキャンプサイトに設置すれば後は牽引車両で自由に行動できます
  2. 牽引式タイプのFifth Wheelだと大型ピックアップトラックが必要になり、もう一台専用にクルマが必要になるので選択肢にありませんでした。又 Pop-Upタイプだと軽量で燃費面ではいいのですが,室内が狭いのと(我が家は5人家族&犬)、外からの防音性、断熱性がどうしても犠牲になるので選択肢から外しました


購入に当たって、RVディラーやネット上のフリーマーケットで約1年くらいの間見て回りました。しかしなかなか希望に合うものが無くて・・。

私の希望を挙げると

  1. 初めてのキャンピングカーだし、購入価格は極力低く抑えたい。所有してみて初めて分かる経験則が無いうちに大きな投資をして失敗はしたくない
  2. かと言って程度の悪いものは買いたく無い。年式は出来るだけ新しく、内装&外装も綺麗なもの
  3. 家族5人が無理なく寝られる居住性を備えていること。キャンピングカーの筐体はしっかりしたものであること。子供の為に2段ベッドを備えていること
  4. 牽引車両の牽引能力の範囲であること(Max値に対して80%くらいまでの重量のもの)
安くて、程度が良くて、綺麗で、軽くて、広くて・・・と矛盾するような希望ですね

12月、ようやくこれらの希望にかなうものが見つかりました。オーナーは地元の方でとても綺麗に使っていたようで、実車を見に行ってその場で購入を決めました。勿論しっかり値段交渉も行い、ディーラで買う市場価格の3分の1から半分で買う事が出来ました。

購入したRVは2005年 Forest River社製の Surveyor SV234です。外装はグラスファイバー製
長さ:24フィート5インチ(7m40cm)
全幅:8フィート(2.4m)
全高さ:8フィート(2.4m)
空車重量:3311ポンド(1500kg)、バッテリとプロパンタンク2個、オーニング入れると3400ポンドくらい
冷蔵庫、シャワールーム、水洗トイレ、電子レンジ、キッチン、暖房&冷房、TV配線が付いています
大人なら5人が快適に寝られます
実車を見に行った時の様子
ここからRVの楽しみが始まります!


キャンピングカー ブログランキングへ
[PR]
by rvamerica | 2014-12-17 12:41 | トラベルトレーラ

アメリカ東部在住。37フィートのトラベルトレーラで北米のキャンプ場を巡るキャンピングカー旅行記


by rvamerica